CATEGORY

ブレダン実録

【雑記】データ化の社会においても、長く残るのは紙なのかもしれない

 人が生きるという現象そのものの目的は、「生物であるが故の“種の持続”」に留まるというのが客観的結論ではありますが(逆に主観的結論は「自分でつくるもの」です)、とはいえ自分の死後のことが全く気にならないかというとそういうわけでもない。そんなところから派生する思考。 ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「誰かに発信すること」「何かを主張することを目的とした文章ではありません。あくまで自 […]

【雑記】思考とは言語なのか、音楽とは人なのか、人はみな人なのか。

 久々に脳内思考を「他人に通じる汎用言語」に差し替えることなく垂れ流していきましょう。ブレインダンピングの薦めは下記より。 雑記:ブレインダンピング~思考を言語化することの重要性~ ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「誰かに発信すること」「何かを主張することを目的とした文章ではありません。あくまで自然発生的な思考実験の一例として見てください。また、ターゲットを持たない思考そのままの […]

随筆:“好き”を仕事にするとは~副業や独立、ビジネス至上主義のトラップ

 思考の垂れ流しによる随筆のような何か。ちなみに前置きしておきますが、副業や独立、資産形成などを否定する意図は無く、むしろ自分に適合する仕事でそれを行えることは最高の人生への導きとなると思っています。  しかし、他人の発言を鵜呑みにして自分の本来目的を見失うと、本末転倒の結果をもたらすトラップが存在するということも知っておく必要がある、という論調です。 感性の需要と供給  売れるものや需要のあるも […]

雑記:「嘘も方便」~教導者の発言が矛盾する理由

 学問でもその他の物事でもそうですが、「同じ人がなんか矛盾してることを教えてる」って突っ込みたくなることありませんか? 今回はそれに関するお話です。 ウィクショナリーより 嘘も方便 1.仏が衆生済度にあたっては、方便(手段)として嘘をつくこともある、   ということから、大きな善行の前では、偽りも認められるということ。 方便 1.(仏教語 サンスクリット「ウパーヤ」の漢訳)悟りへ近づく方法、    […]

ブレダン実録:金融資本主義&利権主義の限界

 今回は、以前から個人的に現代最大の問題であると捉えている、金融資本主義や利権の存在、そしてその問題から脱却するための理想論などを垂れ流してみました。  なお、現在の経済システムをすぐに人の力でどうこうできるわけではないので、目先の現実的な対策としてはリスクの低い投資(元本保証では断じてない)を用いて相対的資産を目減りさせない取り組みを行うのがベターなのは間違いのない事です。今回の議題はあくまで思 […]

ブレダン実録:“ありのまま”と“今のまま”の違い

 今回は、ありふれたフレーズの中にある思考のトラップについて思考しました。 ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「誰かに発信すること」「何かを主張することを目的とした文章ではありません。あくまで自然発生的な思考の一例として見てください。また、ターゲットを持たない思考そのままの文章であるため「文章の内容の本質が伝わる可能性」も担保していません。分かりにくくても当然でありかつ、分からない […]

ブレダン実録:人事を尽くして天命を待つ~土台がブレると上物も歪む~

 今回は、ヒト1人の力の限界の向こう側にあるモノについての思考を垂れ流してみました。 ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「特定のターゲットに向けて発信すること」「何かを主張すること」を目的とした文章ではありません。あくまで自然発生的な思考の一例として見てください。また、ターゲットを持たない思考そのままの文章であるため「文章の内容の本質が伝わる可能性」も担保していません。分かりにくく […]

ブレダン実録:脳のデータの拡張子

 今回は、個人個人の個性について昔から思ってきたことを言語化してみます。 ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「誰かに発信すること」「何かを主張することを目的とした文章ではありません。あくまで自然発生的な思考の一例として見てください。また、ターゲットを持たない思考そのままの文章であるため「文章の内容の本質が伝わる可能性」も担保していません。分かりにくくても当然でありかつ、分からないも […]

ブレダン実録:インスタントエントランスと人類総マーケティング時代

 今回の思考は、過去の記事でも語った内容を複合させてブラッシュアップさせた内容といえそうです。多分。 ※ブレダン実録に関しての注意点:通常の記事とは違い「誰かに発信すること」「何かを主張することを目的とした文章ではありません。あくまで自然発生的な思考の一例として見てください。また、ターゲットを持たない思考そのままの文章であるため「文章の内容の本質が伝わる可能性」も担保していません。分かりにくくても […]

ブレダン実録:売り込む時代から引き寄せる時代に

 第2回はインターネットでの活動や集客について何年も感じ続けていることを垂れ流してみました。今回は「読める文章」にはしていますが、マーカーの色付けなども行わずナマの文章にしています。  再び述べておきますが、ブレダン実録は通常の記事とは違い「誰かに発信すること」を目的とした文章ではありません。あくまで思考実験として解釈してください。また、ターゲットを持たない思考そのままの文章であるため「文章の内容 […]