アラド戦記:エルブンナイトの装備について

 前回に続いてエルブンナイトの基本について考察します。今回は装備セッティング。

アラド戦記:エルブンナイトのスキル振り、アバター等について


武器について
 エルブンナイトの推奨武器は大剣です。以前は大剣以外使用できない縛りがありましたが、今は撤廃されました。しかし物理攻撃力の高い大剣が最も適正な武器であることに違いはありません。もしブレードなどの武器に圧倒的なオプションを持つものが出現すればそちらでも構いませんが、95レベルキャップ以降では武器格差がそこまで致命的なものとなっていないため、現状は大剣推奨となります。

●デウスイミジャリー
言わずと知れた覚醒ブーストが特徴の武器。と言いたいところですが。



 御覧の通り、うちのエルブンナイトは覚醒ブーストをはずしています。エルブンナイトにとってはチェーンラッシュが+2されることの方が大きな影響を持ちます。パッシブスキルもすべて+2されますし、すべてのスキルダメージが上昇するオプションという認識で運用ができます。もちろん装備セッティングによっては覚醒ブーストを残しても構いませんが、個人的に現環境で覚醒特化をする必要はないと思っています(スイッチ裏面に覚醒特化装備を用意するのはあり)。

 

●カシムの大剣

 クールタイム減が特徴の武器速度も上昇するので利便性が高いです。20%減はシロコ暗殺者セットと同等であるため、これさえあれば他にクール減装備がなくてもクール減アイテム(精神刺激など。ヒマンステラのバフも同等)があればスキル回しが効率的になるところが魅力です。

 基本的には、防具アクセやシロコ装備でクール減装備を使用していない場合、または装備によるクール減少値が低い場合はこちらの方がお勧めです。それ以上のクール減を積むかどうかは好みとなります。

 ちなみに私のキャラはクール減装備を暗殺者のみの17~20%減で運用していますが、ほどよく暇にならないバランスで快適です。持久戦に特化するなら、30%くらいあると更に快適かもしれない。

 クール装備を一切運用しない場合、新緑や圧倒などの小技をM振りにする選択肢も考えられますが、エルビッシュジャンプですら30秒で10位に入らないのが現実。クールごとに相当な回数を叩きこむ前提のスキルビルドとなるため、ディーリング難易度に見合うダメージを稼げるとは言い難いと思います。

 

●原初の夢

 シロコレイドで入手可能な取引可能エピック(知恵の産物)です。強化ではなく改造でスペックを上げる仕様のため、おもいっきり札束で殴るゲームになります。資金力に余裕がないならお勧めしませんが、単純な強化幅だけでいうと強化12<増幅12<改造5<強化13<増幅13<改造6<強化14といった順序になると考えられます。余談ですが独立攻撃職で精錬8を超えるには改造6が必要です。

 ただし装備オプションのバランスで強弱は前後します。デウスやカシムが有用である大剣カテゴリにおいては、改造6以上を狙う上位プレイヤーでもなければ無理に手を出す必要はないと思います。

 

 

シロコ装備
 ぶっちゃけ組み合わせ次第でどれでも良いですエピック装備でクール減が無いorもっと増やしたい場合は暗殺者全属性アップまたは属性強化差セッティングが行えるなら門番覚醒特化したいならロキシー速度特化したいならロドスどれにも当てはまらないならネックスというところでしょうか。

 ロドスはオズマレイドで被ダメージ減少効果が魅力的でなくなったことがあるため、速度のみ意識した装備と考えるのが無難です(理性システムのためごり押しができない)。

 あとは、シロコ装備1種類をスイッチ無しで使う場合、30秒軸だと暗殺者はロキシーに劣るわけではないということも付記しておきます。また、ロキシー運用の場合デウスに覚醒スキルレベルを残したほうが良いと思います。

各装備の考察については以下の過去記事を見てください。

アラド戦記:シロコ装備考

アラド戦記:シロコ門番セットと属性強化

アラド戦記:検証 門番 or ネックス

 

 

エピックセットとの相性
 エルブンナイトは特殊な装備セッティングを必要としない職業なので、基本的には火力倍率を優先して装備構成を組めば大丈夫です(クール減はもちろん考慮しつつ)。

 とはいえ多少なりとも使いやすい、使いづらいという相性問題は実際に存在するので、何かしらの有利不利があるエピックについて言及していきます。ここに記載していないエピックには、言及するほどの有利不利はないと思います

防具5セット
●死を誘う影

エルブンは定点でコンボを入れ続けるディーリングが主力となるので、
影セットの発動条件との相性は比較的良いほうです。

●乾いた砂漠の遺産
被弾で破損されるHAと、ショートカットを空けることで上昇する倍率は
エルブンにとって致命的な悪相性といえます。
操作に自信があるなら強いですがお勧めできません

●改悪:地獄の道
手数が少ない職なので、攻撃時HP回復オプションの頻度が低くなります。
バッファーと組まないダンジョンで長期戦だと回復アイテムが多く必要かも

●選択の岐路
現環境ではタリスマンスキル(チェーンストライク、自然の憤怒など)の
影響力が上がっているため、選択肢として十分考えられるようになりました
ただしベルトの覚醒スキル威力上昇オプションの比重も大きいため、
持続火力よりサンドバッグ向きのセットとなります。
※混合セットで肩腰靴3セットを使うのは微妙です。

 

特殊装備3セット
●軍神の隠された遺産
エルブンナイトは移動速度を稼ぎやすい職ではないので、
セイクリッド無しでの運用は少しハードルが高め
1次覚醒スキル発動で15%増加はあるけど流石に頼れるものではない。
ただしバッファーがいる前提でのみ活動するなら少々妥協してもOK。

 

混合セット
●狂乱の追従者
エルブンは手数が非常に少ない職業なので、
狂乱の気運は覚醒スキル発動によって即時で貯めるのが基本になりがちです。
シロコレイド期はそれで問題ありませんでしたが、
オズマレイドでの持久戦や30秒サンドバッグでは初手覚醒でない場合が多く、
セイクリッドなしでの運用はあまり向いていないと考えられます

●痛ましい悲劇の残骸
上記同様、ヒット数により発動する効果の恩恵が得づらいので、
ただでさえディーラーに向いていないセットなのにエルブンはもっと相性が悪い

 

 

実際のセッティング例

●533セット
 現在の自キャラのセッティングは、影5+幸運3+軍神3(セイクリ込み)となっています。移動速度を靴の魔法付与で補うなどしていますが、自力のみで移動速度100を達成できるようにしています。

 ここから若干弄るとすれば、防具を選択セット、アクセサリーを夜明けセットにするなどの変更が考えられます。なお、セイクリッド抜きの特殊装備の強弱は装備構成や称号クリーチャーなどにより異なります。軍神、時間戦争はセイクリ依存度が高い点はありますが。選択セットを試してみたい気もするのですが、リスクが大きいため確定で問題ない影セットの運用を続けています。

●継承
アイオライト50×5=250(個)

●シロコ装備、オズマ装備付け直し
アイオライト50×3=150(個)
力の精髄10×3=30(個)

●煉獄オプション変更
恐怖の瞳2×4=8(個)

 アイオライトや力の精髄はまだ良いですが、恐怖の瞳は一度変更した後戻すためにまた8個必要であると思うと、16個貯まっていない状態で試すのはリスクが高すぎます。戻せなくなりますからね。オズマレイド3段階でどちらがよさそうかを考えつつ、瞳を貯めなおして様子を見ようと思います。

 現状の煉獄オプションが最適化されたものである場合、装備変更はすなわち煉獄オプションの変更になることを忘れないようにしましょう。装備を変えても弱くなるリスクが高くなります。また、変更後の装備に煉獄オプションを移転するのも忘れないように

 

●混合セット

組み込まれやすいセット
防具セット:トロピカ3、大自然3
混合セット1:深淵2~3、憤怒2
混合セット2:黒魔術2~3
混合セット3:次元3、奈落3

 防具はトロピカ3セットが最上位になりやすいですが、大自然3セットなどもそれに匹敵したり、あるいは逆転したりすることがあります。

 混合セット(上着ネックレス補助)は深淵2~3セットのスキルブーストを生かしやすい職ですが、憤怒2セットも万能的に強いセットであるため、構成によって強弱が入れ替わります。

 混合セット(パンツ腕魔法石)はセイクリッドなしの場合、黒魔術2~3セットが最も無難です。最高倍率では狂乱2~3セットが上回ることも多いですが、エルブンは手数がないのでオプション発動がネックになることは先述しました。クールタイム減を微調整したいときは時間の旅人セットを活用する方法もありますが、減少量が10%と少ないため、唯一のクール減として活用するには今一つ物足りない印象です。

 混合セット(靴指輪イヤリング)は次元3セット奈落3セットが人気です。構成によってはサイコロ3セットの期待値が最上位になることもありますが、出た目の数により火力がバラつく点は好みが分かれます

 

 なお、上記の考察は基本的にセイクリッドを除外したものであり、手持ちのセイクリッドをベースにより良い構成を整えるのが現実のセッティングになることは言うまでもありません。

 例えば他職の話ですが、数奇セイクリッドを使用する時に防具を2セット(大自然)にして数奇3+狂乱3にした方が強いパターンなども存在します。うちのエルブンは数奇セイクリより軍神やトロピカの方が強い結果になったので、数奇の構成は見ていませんけどね。

 各エピックやセイクリッドに関するディーラー向けの考察は下記記事にまとめてあります。

アラド戦記:ディーラー向けセイクリッド装備の考察 まとめ

 

 

知恵の産物について
 青面修羅の仮面、預言者のネックレス、パーフェクトコントロール、無我の輪などの知恵の産物(交換可能エピック)も、最上位の強さを求めるなら選択肢に入ります。


 たとえばうちのエルブンナイトだとこんな組み合わせが上位にくるようです。術式セイクリッドも含めてみたけど入ってこなかった。このように産物編成は1つ1つがイレギュラーのため汎用的に語れないので軽く触れるだけにしておきます。私の今のセッティングより約7%倍率が高くなるようです。増幅で伸びていたステータスは無くなるので、過剰改造をしないなら7%よりやや劣る伸びと考えるのが適切でしょう。ちなみに、私の装備から砂漠セットに乗り換えたときの構成と上記の産物の倍率差は約5%になります。

 つまり、産物が強いことは確かなものの、基本的なオプションを得られるだけの改造値ではあくまでエピックと誤差程度で、過剰改造装備を複数持つ最上位層だからこそ初めて極端な強さを得られるということは把握しておいた方が良いかもしれません。

 なおエルブンナイトはパーフェクトコントロールのヒット数を稼ぐのに若干タイムロスがあるので、ランジレボリューションなどを初手に持ってきた方が良いかもしれませんね。でも被弾ペナルティもあるから、やっぱり該当装備自体があまり向いてない気がします。

 また原初の夢武器の項目でも触れましたが、産物は1部位1部位に数万円または10万円以上課金する覚悟がないと痛い目を見るので、この記事を参考にする段階の人にはあまりお勧めできません。課金アイテムというわけではありませんが、ゴールド取引や課金アイテム売りで大量にゴールドを入手しないと、知恵の産物現品や強化用アイテム(古代の知恵の残骸)の購入費用がなかなか足りません。また改造5以上のチャレンジでは失敗すると破壊されてしまいます。ということで、現金に余裕があってトッププレイヤーを目指す強い意志のある人ならどうぞ、といったところです。


 以上、エルブンナイトの装備相性について考察しました。手持ちの称号やクリーチャー、セイクリッドなどに合わせつつ、火力倍率とクールタイム、自分のプレイスタイルを考慮して選択しましょう。

 あとはまあ…、エルブンをまともに動かすならサンドバッグでコンボ練習はしっかりしておくことを特にお勧めします。本能的にコンボができるくらいになっておかないと、実戦でギミックや敵の攻撃に対処しながらコンボをしっかり当てるのはなかなか難易度が高いと思います。