CATEGORY

個人のこと

雑記:マキシマムライフとミニマムライフ

 過去の雑記記事においては基本的に、より良い環境を目指していくということに重点を置いた考え方を示してきました。しかし私個人として時々、その正反対の「そもそもの自己満足ボーダーを下げる」生活でも個人という広さにおける満足度は最も高いものにできるのではないか、という思いも捨てきれないところがあります。人間が常にこのようなジレンマを抱えているという点において、一度、両極端な2つのスタンスについて対照的に […]

随筆:音楽とかいふもの

 ここ数年は新しい音楽を仕入れることもめったになくなってしまったが、それでも気が向いた時には気が向いた音楽を流したり、あるいはPCに入っている音楽を完全ランダムで再生したりしている。  嗜む音楽は割と雑食で、メジャーなJ-POPからインディーズのロック、洋楽のロック&フォークや昭和の歌謡曲から現代のボカロ、ニコニコ系の曲までおおむね歌つきの音楽は割かし何でも聴くほうである。強いて言えばアイドル系の […]

引っ越しの話とアラド戦記近況やパッケの話

引っ越しの話  先日、ようやく引っ越しました。家を探し始めてから1年以上かかりましたが、要所要所で本当に忙しかった。特に3月以降は休む暇もなく。  仕事が完全テレワークに移行してから機材やら資料やらが増えていって、狭い1部屋では到底収まりきらなくなったので、費用は上がるものの部屋をランクアップした形です。築年数が非常に経っているかわりに2層で3DKのメゾネットを比較的安く借りられました。  やはり […]

雑記:「天使と悪魔」から述べる予定調和

私の個人的な共感度ナンバーワンの歌詞はこの曲。 歌詞サイトリンク 正義と悪という刷り込みの怖さ  過去の雑記でも何度も触れましたが、正しいか間違っているかとか、善か悪かという概念は、人種、階層、国籍、宗教、資産などの様々な違いによって異なるわけで、絶対が存在することはありえないというのが私の個人的なベースの考え(数理の基本的な定理やモノの名称など、条件を満たせば必ず当てはまるものはある種の限定的絶 […]

雑記:「村人A」からの脱却〜発信することの重要性〜

前回の記事の続きですが、内容はガラっと変わります。   人類総主人公時代  近年、インターネットの世界は日進月歩、脅威的なペースでの発展を続けています。技術面でもそうですが、ビジネスにしろコミュニティにしろ、1つの異なる社会を形成するようになりました。例えば政治家や芸能人がさまざまな情報を発信するのにツイッターやフェイスブックなどを使うのが当たり前になったり、商品や株、その他サービスの取 […]

雑記:経済的自由を目指すために

経済的自由 端的にいうと「労働に縛られない生活」のこと。 不労所得、または趣味の収入の範囲内を生活費とすることで、 限りある時間を有意義なものとすることができるという考え方です。  バブル崩壊以降の日本は残念ながら、身を粉にして働けば報われる社会とは言いがたいのが現実。無賃残業や過重労働で苦しみながらも賃金は安い、というのはもはやありふれた現実なわけで、これは労働者である限りほとんどの人が逃れられ […]