パワプロ2020:栄冠ナイン日記4

2回目の選抜出場。雛姉ー率いる4期生主力のチームはどこまで勝ち上がれるのか。


1回戦の相手は滋賀代表

 

 

 

 

 


危なげなく勝利。

 

 


1番センター、俊足打者のさばぽっぽが何故かホームランをよく打つ。
画像からはみ出ているけどピッチャーのかっらいだーも打点獲得。

 

 


2回戦は京都の城陽、以前も戦ったような?

 

 

 


やや危なっかしかったものの勝利。

敵の先制点を受け1点ビハインドで迎えた4回、世田谷耕せの内野安打タイムリーで同点。
5回には銀景の内野安打でチャンスとなるも凡退。
6回、ピッチャー・かっらいだーのタイムリーで勝ち越し。このピッチャー要所で打点とってくる。

ここで勢いがつき、さばぽっぽ、かずたま、銀景がダメ押しのタイムリー連打で勝負の流れを決めた。

9回、ボロピッケルに抑えさせようとするも、安打とフォアボールで3人出塁。
冷や冷やしたもののその後は1失点に抑えて試合終了。

 

 

 


準々決勝は徳島の勝浦学園。この地名はどうしても千葉のイメージがある。

 

 

 

 

 

 

 

 


接戦を制した。

 


1回に先制点、さらに6回に2点の追加点を取られる。
ぽっぽ打線は6回裏にようやく銀景がタイムリーを放つも主力打線は沈黙。

しかし9回裏、世田谷耕せと代打しゃぶえもんの出塁から、さばぽっぽの送りバントでチャンスメイク。続く2番ごまきゅうのタイムリー、かずたまのサヨナラ打で勝負を決めた。

かずたま、ミート高めのアベレージヒッターだったものの長らく打率2割5分程度の低迷が続いていたが、ここにきて能力を発揮し始めている。

 

 

 

 

 


準決勝。相手は長野代表。

 

 

 

 

 

 

 


今回の甲子園はなかなかの接戦が目立つ。勝利。

 

 


3回、雛姉ーのタイムリーで先制。
4回にかずたま、岩崎県が追加点を挙げ、かっらいだーが1失点に抑えて試合を制した。

 

 


そして決勝へ。この学校も見覚えがあるような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2連覇達成!

 


初回に2点の先制点を取られる。
3回雛姉ーの押し出しデッドボール、4回にゃほのソロホームランで同点に。
続いて岩崎県の2点タイムリーで勝ち越して、さらに再びにゃほの犠牲フライでダメ押し。

毎試合連投の続くエース、かっらいだーの疲労を打線が援護した形となった。

 


4~6期生によるチームも地味に質の高いメンバーが出来上がってきました。
今年こそ、悲願の夏の甲子園初優勝をかなえることはできるのか。
ということで次回は新年度の彼らの活躍をお届けする予定。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

eBASEBALLパワフルプロ野球2020 Nintendo Switch版
価格:4979円(税込、送料無料) (2020/12/10時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

eBASEBALLパワフルプロ野球2020 PS4版
価格:5979円(税込、送料無料) (2020/12/10時点)