アラド戦記:バッファー更新の道の結果とバランシング

 結果として何だかんだ5キャラ目のバッファーを作ってしまったり、その他のサブバッファーでたくさんのセイクリ更新、装備2面運用というテコ入れを行ってしまった聖者の道イベント。その強化結果をまとめてみます。過去記事は下のリンクより。

アラド戦記:バッファー更新の道

アラド戦記:バッファー更新の道2&セイクリ集計更新


4thクルセ(サブサブサブクル)

 4thクルセはあれからメインクルセが長らく求めていた大自然セイクリッドを引いてしまいました。奪い取るのも悪いので、コスパよしの2面運用から始めました。

 


 上記の状態から煉獄オプション付与などを行った結果がこれ。レアアバだけしっかり、他は低コストのクルセがシロコ卒業した場合のスコアはこんなものって感じですね。この状態だとオズマレイド1段階ならって感じです。

 なお、流用レアアバター以外の要素はスキル称号+1付与(勇猛、クラクス)、クリーチャーはグローリア、オーラは聖眼となっています。しかし、これだと2段階オズマへ参戦できないので色々調整しました。

 


●覚醒面の大自然3を舞姫3に。
●変換で影セイクリが出たので精霊師から変更。
●上記に伴いアクセを夜明けセットに。
●オズマ装備壺を2個開封。
●その他細々とした調整。


 その結果、バフスコアは17万台半ばとなったため、2段の緑クルセとしてオズマデビュー。フレンドの立てているレイドに参加させてもらっています。エピック作成数がどんどん増えていく。

 この装備構成のネックは、増幅していないと知能が非常に低くなってしまっていること。なので気つき装備を入手したら+8まで増幅するくらいが今後の強化要素かな。

 

 

エンチャントレス(ヘカテー)

 エンチャントレス(ヘカテー)はオズマ装備2部位追加とセイクリッドオプションの向上を行いました。


 トータルで1万以上伸びました。セイクリオプションの更新だけでも4000くらい伸びたかも? 19万2千のときからの更新状況に関する記憶が完璧じゃないので、たぶん? くらいになってしまっていますが。やっぱり随時SSを撮っておいた方が良かったかな。

 

3rdクルセ(サブサブクル)

 サブサブクルはバフ面のネックス3をロドス2ネックス2(イレギュラーセッティング)に更新、またバフ面専用のクロスも用意しました。煉獄オプションがまだ残念なので恐怖の瞳を集めます。無アバなのは撮影のためだけにアバ移動しなくても良いかというコスト節約です。

 


 約1万の伸び。なおこの後オズマ壺を割って覚醒面にティアマット首をつけたので、22万2000くらいになったんじゃないかなと予測してます

 

 

2ndクルセ(サブクル)

 サブクルは以前予告していた喊声+霊宝セイクリの運用を開始しました。アイオライトが1500個ほど溶けてしまったり、更新直後は少しバフスコアが低下してしまったり(メイン面がほぼ全身増幅10なので)という苦難を乗り越えながら微調整していきました。

 現在の覚醒面は、気つきを確保できていない特殊装備以外はほぼ+8、肩靴クロスが+10という状態です。また、サブクルもネックス2ロドス2の運用を始めました。今後の更新余地としては、アサルトから増幅つきユニークを移して覚醒面の特殊装備の増幅+8を予定しています。


 これで漸く、6部位だけ2面運用(シロコは1部位だけ2面)の状態より5000ほど上がりました。正直普通の感覚ならやらないほうが良い装備更新だと思います。

 バフスコア1万伸ばすために100m単位のゴールドを消費し、エピックを大量に製作するリスクを許容できる人ならという感じですね。混合の上着のみ2種類運用であるとか、533の肩腰のみ2種類運用、あるいはセイクリ2種運用セットのみ2種類を追加という形が最もお手頃です。110キャップでは2面用意した意味がほとんどなくなる流れになっているのもあります(スキル宝珠等がどうなっていくかが未知数)。

 

 

1stクルセ(メインクルセ)

 メインクルセは煉獄オプションの再調整などを行いました。残りの更新余地はバフ面の肩をティアマットからベリアスに、覚醒面の肩腰靴をローゼンバッハからティアマットに変える程度ですね。

 なお、バフ面を覚醒発動時のバフスコアに特化しないならティアマットやレッドメインにしても良いですし、覚醒面もパーティプレイの安全性を向上したいならローゼンバッハを混ぜるのもありです。この辺は価値観によります。


 ついに目標のバフスコア30万を突破しました。もうこれ以上はオズマ装備を理想に乗り換えても1000あがるかどうかです。増幅11×完全2面わけのセラフィムでできることを概ねやり尽くした感があります。一応、大自然セイクリに乗り換えたらあと1000くらい上がりそうですが、4thクルセを犠牲にしたうえで多大なコストを払うのもどうかと思うため、少なくともその超越は行わないこととします。

 

 

バランシング@主力キャラの変化

 スピは追加バランシングで、非主力スキルの倍率が伸びています。なお、伸びしろはオズマ装備の肩靴をティアマットに変更、あとこちらは確定ではありませんがネックレスをレッドメインにするのも視野にあります。

 


 1%ちょっとという雀の涙の伸びでしたが、ギリギリ30億という目標を達成しました。スキル振りは結局一切変えていません。ロックオンは一応M振りですが10位にも入りませんね。フリグレは一度M振ってみましたがやっぱり駄目でした。ダメージ割合下位のスキルは全体の中で占める割合が少なすぎて、本当に何でも良いと思います。

 


 巫女はシナジー撤廃による8.5%の伸びだけ恩恵を受けています。伸びしろはオズマ装備が多々と、もし数奇セイクリッドを手に入れたら乗り換えることになります(アカウント内延べ92個入手のセイクリの中にまだ1個しかない)。


 約2億の伸びで順当な数値だと思います。オズマ装備を整えたら30億こえるかなーって思ってます。ただし今後、戦闘中の百八念珠スイッチができなくなると2割近く弱体するかもという目算になっています。


 エルブンナイトはまだ更新なし。ちなみにレッドメイン首を天井合成しようとしたら、間違えてレッドメイン魔法石を残してしまっていたことに気づいたため3回の合成を無駄にしました。しかもその後、一度指定したBAN設定を変えれるのではないかという話を聞いたのですが後の祭りでした。1分1秒を争う多忙の中では装備をいじらないようにしましょう。

 その他サブキャラについては特にサンドバッグを計測していないので特に触れる要素なし。バガボンは若干伸びたでしょうね、阿修羅はスキル振りを多少弄った方がよさそうですがまだ。他のシナジーは単に8.5%伸びただけなので考察の必要なし。