ソフィーのアトリエ2:装備オプション「特性」を厳選する~オーバースペックなクリティカル特化構成など

 ズメイ討伐も終わり、レベルも全キャラカンスト。装備も整い、そろそろエンディングが近いのでは? と思ってから数週間。実はまだまだありそうなことが分かったので、先延ばしにしていた装備更新記事を遅ればせながら投稿します。


武器の特性

▲7章の中盤だった気がしますが、なかなか良い装備ができました。

 


▲他キャラたちも品質はまちまちですが、スペックを満たしつつ特性も厳選してあります。
武器で使用する特性はすべて、材料となる金属に付与して楽に継承できるようにしました。
ズメイ討伐時の装備もこれらです。

 


▲「デモンソウル」クリ率大幅上昇+攻撃時に自分が回復。

 


▲「連打の追撃」追加ダメージ&スキル威力増加。

 


▲「快刀乱麻の追撃」上記特性の上位互換。

 ソフィー2でも、多くのゲームに共通するように、倍率で攻撃力がアップするタイプのステータスが最強だと思います。攻撃力50アップの特性を入れても元々のステータスが高いため、10%にも及ばないですよね。

 

防具の特性

 防具には追加ダメージやスキル威力系のオプションを反映できないので、8章中盤の段階で見たことのあるオプションの中では、上の画像にある「深窓の衣笠」や「肉体を超進化する」「肉体を超強化する」の3つあたりが良いんじゃないかなと思いました。

 

 

護符の特性

 護符の場合はさらに使えるオプションが限られます。固定値の上昇系の中でも攻撃力単体が高く上がるモノが使えなかったりするので、全能力超強化、攻速超強化、竜神の脚などが比較的マシな選択肢になるかな? 正直、固定値オプションは無理して突き詰めるほどじゃないと思いますけどね。「効果」をフルに発揮する方が大切

 あと、ストーリーが進むごとにさまざまな護符を調合できるようになりますが、改めて全部見直してみた結果、「雷鳴の護符で良くない?」という結論が出てしまいました。

 護符のメイン効果は基本的に、ガード時に発動します。しかし現状、ガードをする機会そのものが極めて少ないため、2~4個目の効果を重要視するのが無難。すると雷鳴の護符がスキル短縮+15%、会心強化+20%、会心率+10%と、最も攻撃面に特化したオプションなのではないかなと思います。

 

アクセサリーの特性

 アクセサリーも護符とほぼ同じですが、スキルWTを10%削減できる「風に乗る」を利用できるので、これを含めて考えれば良いと思います。イーグルスコープが攻撃面に特化した装備なので、8章の段階ではこれ一択ではないかな?


▲クリティカル型にしないorクリ率に余力があるならこれも強いけど。でもクリダメ40%とトレードオフになることを忘れてはいけません。

 

クリティカル特化構成について
 デモンソウル特性、雷鳴の護符、イーグルスコープでクリティカル率が40 +30+15+15=100%増加、クリティカルダメージも40+20+30=90%増加すると思われるため、クリティカルに特化した構成を組むことができます(クリダメ増加どうしが加算かどうかは確認していませんが)。

 護符を雷鳴に変えた結果、クリティカル率上昇のアビリティがあるキャラクターはクリ率が100%を超えてしまうことになりましたデモンソウルを他のオプションに変えるか、一部装備構成を変更するのも視野に入りますね。

 ただし、クリティカルダメージ上昇効果を考えると、クリティカル率が90%になってしまうくらいなら110%になってしまったほうがマシみたいなところはあると思います。なので他装備こみこみでうまく調整しましょう。

 これに追加ダメージやスキル威力、パラメータ%上昇などがまるっと乗ることを思うと、ダメージが半端なくなってくるのもおかしくないとわかりますよね。

 

 こうした構成を組んだ結果(雷鳴の護符を使う前でも)、8章までのどの魔物相手でも敵のオーラを壊す前に本体のHPが消し飛んでしまう状況が多発するくらい、完全にオーバースペックのパーティが出来上がってしまっています。ボス系のモンスターも形無しです。アトリエ特有の「調合をがんばるとヌルゲーになりすぎる」現象はここでも存在しました。

 比較的初期のころは、攻撃アイテムの威力が高すぎて敵が消し飛ぶ状態でしたが、後半は武器に付与できるオプションが強すぎるため、わざわざ補充費用を支払ってまで攻撃アイテムに頼る必然性はあまりないかもしれません。

 キャラを強化するアイテムは存在しているので、今後半端ない強敵がもし現れるならそちらを使うとか、オーラ弱体化をアイテムで行うなどの可能性はありそうですが、現状あまりに味方が強すぎてそれも必要ありません。

 

 

まだ終わらなかった旅

▲ネタバレはほどほどにしますが、山脈エリアのこのマップの矢印の位置(右上のクリスタル付近)にある宝箱から、さらに上位の装備を作成する材料になるアイテムのレシピを発掘できます。

 


▲デモンソウル探すの忘れてた。最新武器のクリ率にもよるけど作り直しも視野。

 


▲一部の武器は既にレシピ習得できているのでこれから作成します。

 


▲しかしまだ他の武器は詳細不明。上記武器の作成イベントが終われば次のイベントが来るのか? あるいは地道に閃く作業が必要なのか。ともあれ1つ1つ作っていくだけです。

 


▲伝説の賢者の石もソフィーの手にかかれば大したことない模様。過去作の中でもトップクラスに相対的能力が高い主人公になってませんか? 周りの評価も相当ですし、そこらの公認錬金術師はとっくに超えてそう。


 


▲相変わらず調合パズルばっかりしています。錬金レベル100以上もあるのだろうか?
レベルカンストが思いのほか早かったのもどういう導線になっているのか気になる。