アラド戦記:ビットレジェ日記肆@ダンジョンは意外とぬるいってわかってきた(追記あり)

 返す返すも、312疲労霊薬をすべて「ニセ推奨地域」であるタウキャプテンで消化してしまったことが悔やまれます。


やっと武器ドロップ

▲メカタウで重力大剣、ルークでブレイズブレードをドロップ。

 


▲今更重力大剣を調合しても意味ないので、
ブレイズブレードを材料に天空大剣を作りました。

 


▲一気に攻撃力が400以上増加。

 

 


▲イシスでは防具ゲット。これ本編ではエピックでなく
レジェンダリーなんですがなぜこれを採用した。

 


 悲鳴防具を材料にする空間の支配者防具は、もう1つの材料であるレリックを作るのに中級材料がいります。つまりキノル結晶100個から力の根源20個⇒真:力の根源2個を制作してカンナ&ロトン商店をアップグレードする必要があります。

 前回の記事でも書いた通り、キノルをこの時点で大量討伐している人は滅多にいないのでは? しかも、悲鳴防具と空間の支配者の防御力差はたった25。

 


 というわけで、レベルを60に上げたら悲鳴防具をそのまま装備してしまうことにしました

 レベル60では特殊装備が装着できるようになりますが、わざわざゴールドを投資しなくても狩りに苦労していないので様子見します。

 

シロコ討伐
 本日の疲労度がトータル残り60というギリギリのところでレベルが61になったので、知恵の導きに入場できるようになりました。もうこれ以上レベルは上がらないと思うので、ダメ元でシロコに突撃してみます。

あっけなかった…。

 

意外とヌルゲー
 このゲーム、ビッファイと比べてかなり難易度低いことが分かってきました。攻撃振りでもHPを伸ばしてポーションをレベルアップしていればボス討伐で苦労しないなど、ステータス振りも結構自由みたいです。毎日のボス討伐とレベリングをしっかり行えばどうにでもなるかも?

 


▲黄金増幅書も昨日の時点で交換可能でした。素材も優しい。

 

知恵の導き地域探索

▲どう考えても怪しい宝箱

 


▲案の定ガッツリ食われてます。

 


▲序盤地域で狩りをして知恵の結晶を集め、
アイオライトを作成しました。

 


▲バシリカをレベル3にしたのでポーションが最強に。

 


▲シロコ部屋を調べ倒しましたが、エンディングはなさそう?

 

今後の見通し

 防御力が想定より上がっているので、攻撃にステを振りました。今のところシロコを無死で倒せればそれ以上の強さは必要ありませんが、ポーションのレベルアップで多分明日は行けるのでは?

 


 次の地域である追放者の山脈はレベル75で開放。現在61レベルなので、普通に考えると3日くらいは知恵でダラダラと狩りをすることになりそうですね。3日目でギリギリ山脈が開放出来てボス討伐できるのが理想か。

 

追記

商店で毎週疲労回復薬を交換できるので忘れずに。


▲おかげでレベル65まで上がりました。。

 



 というわけで記事の最初に言った通り、レベリングの遅延が最大のトラップでした。それ以外はひたすらぬるいゲームになっています。タウの精髄を貯めただけの無駄な狩りは取り返しがつきませんが、攻略が1000疲労くらい? 遅れたからと言って特に何も問題はなさそうですね。