アラド戦記:ディーラー向けセイクリッドの考察 板金防具

 一覧表は下の記事より。今回は軽甲、重甲、板金防具セットのセイクリッドを見ていきます。

アラド戦記:ディーラー向けセイクリッド装備の考察① 倍率ランキング例


英明な世界の循環(流れセット)
倍率比:88.91%
特徴:特定スキルクール減少加速効果あり
   上記該当スキルのダメージは減少

元セットの評価
 スキルクールタイム減少を追求したセット。クールタイム回復速度100%とは、スキル使用後のクールタイムが毎秒2ずつ回復していく、つまり実質クール50%減ということになる。その代わり該当スキルの威力が減少するデメリットを持ち、極めて尖ったセットといえる。

 なお、クールタイム回復速度効果は、別装備でスキルを使った後で流れセットにスイッチしても効果があるのが地味に大きな特徴となる。裏面に仕込んでも良いかもしれない。

 45レベル以下のスキルを有効活用できたり、チャネリングが少なくスキルを回しやすい職が比較的向いている。また、ウエポンマスターと氷結師については、スキル攻撃力減少オプションが2次覚醒パッシブ(極限の境地とアイスクラフト)の追加増加分にかからないという特徴がある。つまり例えば猛竜と幻影の火力をあまり落とさずにクール半減できるただし今のポンマスは流心が異様に強いため、わざわざ素の倍率を犠牲にしてクールタイムを落とす必要があるのかは微妙なところ。選択セットすら不要という話も

 クール減+威力減の効果はすべてのスキルに適用されるため、特定スキルの火力を上昇させる効果や、クールタイムの存在しない通常攻撃系&召喚系のスキルにとってはクールが減らないのに威力は減るという単なるデメリットとなる。以下の該当部位は絶対に攻撃面で使用しないように。

ソウルブリンガー – 黒炎のカラ(Lv 45)
ネクロマンサー – 虐殺のバラクル降臨(Lv 35)
エルヴンナイト – チェーンラッシュ(Lv 30)
ネンマスター(女) – 雷鳴(Lv 40)、螺旋の念(Lv 30)
ネンマスター(男) – 雷鳴(Lv 30)
喧嘩屋(男) – 投擲系スキル(Lv 25〜35)
召喚士 – 召喚スキル(Lv 25〜45)
メカニック – Gシリーズのローリングサンダーとラプター(Lv 25〜30)、
      Ex-Sヴァイパー(Lv 25)
      タリスマン使用状態のテンペスター/ゲイルフォース(Lv 35)
スピットファイア – 爆発弾(Lv 30)、貫通弾(Lv 30)

 エピック改変で60、70スキルに関するデメリットが削除されたが、そもそもの倍率が低いことにより世間の評価は低いセットとなっているクール減そのものにはメリットがあるが、実際のレイドでは敵の無敵時間が割り込むことも多々あり、その攻撃できない時間がそのままロスになってしまい、極端にクール減特化をしても攻撃機会を失うという無駄が生じるためでもある。よってメイン面での運用はあまり推奨されないいっそギミック中に裏面に仕込んだ流れ+夜明けにスイッチしてその間にクール回復させた方がマシでは? という可能性も

セイクリッドの評価
 スキル使用により1~45のスキルのクールタイムがランダムで1秒減少する。セイクリッドオプションは4つのうち3つが倍率上昇で、残り1つが1~45スキルレベル+1であり、職にもよるが悪くはない方。ただし逆に言えば元セットの評価を覆すほどの魅力を持たないため、一般的な評価は結局低い。クールタイム減少効果を十全に活かすことができると思われる場合や、火力面以外で特定用途のセッティングを行う場合には使用しても良いかもしれない

 

選択利益(選択セット)
倍率比:100%(基準)
特徴:タリスマンスキルを強化する靴
   覚醒スキルを強化する腰
   ユーティリティ高め
   パーティ全体の速度上昇も可能

元セットの評価
 特定スキル強化と強力なユーティリティを追求したセットリスマンスキルや覚醒スキルを重点的に強化するので、特化型の職に向いている。エピック改変で5セットが大幅強化されたことにより、実用可能になったどころかトップクラスの倍率を得ることができたただし前述のスキルの恩恵によるため、覚醒やタリスマンスキルの全体火力比が低い職にとっては弱くなる)。よって現在の5セット防具の最強候補は、改悪、影、砂漠、選択の4つということができる(セイクリッドなし)タリスマンが強い職でなくても使って問題はないレベル

 また、3セット等でタリスマン選択靴を装備してタリスマンスキルに特化したセッティングを行う場合もある。あるいは混合セットで肩腰の2セットと靴を含んだ3セットを随時スイッチングして使うことも可能と、運用の幅が広いのも特徴。

セイクリッドの評価
 受けるダメージ10%減少効果追加。セイクリッドオプションは4つのオプションすべてが倍率であり悪くない。ットの効果が極めて特筆的であるため、選択セットを使いたい職業で他にもっと強力なセイクリッドがない場合は積極的に採用して良い

 

原始:胎動の大地(大自然セット)
倍率比:102.37%
特徴:フィンドからのアップグレード防具
   火力、ユーティリティのバランスが良い

元セットの評価
 フィンドの超テイベルス防具からのアップグレードにより確定で入手できるセットペナルティや条件つき効果がないわりに火力が高く、ユーティリティやクリティカル率も確保されているため極めてバランスが良いエピック改変前は火力倍率も5セット中上位と言えたが、改変後は「大自然より強いか弱いか」という基準にされたりする位置づけ。とはいえノーペナルティ5セットの中では相変わらず上位、

 なお、3セットはセッティングによっては最上位になるほどの強さを誇っている。2セットも十分強い方。ただし2~3セット運用の時、上着以外の各部位の属性強化オプションが単独属性であるため、自分の属性に合致しない部位のみを装備すると若干弱くなる

セイクリッドの評価
 被弾時にHP回復効果あり。セイクリッドオプションは10%の倍率上昇が3つあり、高いスペックを持つ。ただし、元のセット込みで力知能%に偏ったオプションとなるため注意が必要。


 クールタイム完全特化の流れ、タリスマンと覚醒に特化しつつ火力とユーティリティを兼ね備えた選択、バランスが良く、3セット混合が特に優秀な大自然、というところでしょうか。