アラド戦記:バッファー用バフ面シロコ装備の実検証

下記記事で紹介したセッティングを実際に試してみました。

アラド戦記:バッファー用シロコエピのバフ面について※2021/8/18追記


部位 バフ面 メイン面
パンツ 暗殺者orネックス 暗殺者orネックス(バフ補助に合わす)
指 輪 ロドス ロドス
補 助 暗殺者orネックス ロドス

 バッファー用のバフ面(栄光の祝福、勇猛の祝福、禁断の呪い)に融合するシロコ装備を上表のようにすれば最もバフ力が高まるというお話を実際に試してみました。なお、お気づきかと思いますが少し修正が入っています。当初は理論上装備3つの効果が発動できるといわれていましたが、実際には2つまでが限界だそうです。なので圧倒的有利と言い切ることはできなくなったという前提があります。

 


 ということで実際につけてみました。シロコ装備合成で2回もハズレを引いてしまったので、ネックス装備がなくなってしまいました。ちなみに暗殺者とネックスは誤差なのでどちらでもかまいません。

 ところで、私が何を見て勘違いしたのか今となってはわかりませんが、ネックス補助=力知能1%、暗殺者=物理魔法独立1%と勘違いしていました。実際はネックスが物魔独2%、暗殺者が両方1%ずつでした。本来はネックスを残して合成すれば良かったことに、今日装備効果を見直していて気づきました(理由は後述)。

ということで、ロドス3と比較した結果は下記の通りです。

勇猛力知能:35621⇒35878
勇猛物魔独:2791⇒2783
アリア力知能:5343⇒5381
アリア物魔独:418⇒417
バフスコア:241488⇒241168

 思っていたより微妙・・・? 正直のところ無理して集めるほどではなかったような数値になっています。ただでさえロドス3が力知能に偏っていてバランスが悪いのに、それにもまして力知能に寄った感がありますバフスコアもほんの少しだけ(約320)下がってしまいました

 

 このとき、勇猛レベルはどうなった? という疑問に気づきました。5222装備に乗り換えたため、オーバーフローを回避するために装備調整してまで抑えていた勇猛レベルが、逆に全然たりなくなっていたのでは、と思ったのです。

 すると見事に37レベルとなっており、3レベル足りませんでした。とはいえ急にここをブーストするわけにもいかないので、いったんは煉獄オプションで30レベルバフ+1を3つ付与することにしました。

するとバフ力は以下のようになりました。

勇猛力知能:35878⇒35530
勇猛物魔独:2783⇒2847
アリア力知能:5329⇒427
アリア物魔独:417⇒427
バフスコア:241168⇒243594

 力知能バフは下がりましたが(ちなみにいわゆる力知能バフ力でいうと87550~87950の間で推移しています)、物理魔法独立攻撃力が上がったため、バフスコアは上昇しています。

 力知能のインフレによるバランスの変化により物理魔法独立攻撃力がより一層重要になった感があります。攻撃力は覚醒スキルの力知能バフにもかかるため見た目より効果が高く、軽視できない要素となっています。暗殺者でなくネックスを残せばよかった理由の1つ目がこれです。とはいえ確信的な判断として、オズマレイドは長期戦なんだから覚醒バフを含めたバフスコアを優先したくない、と考えるなら、バフスコア値至上主義にはならなくても良いと思いますが。その辺りはまだ実装されていないコンテンツなので何とも言いかねます。

 しかし、これをロドスに戻したら・・・と思わざるを得ないのも事実です。おそらく誤差もいいところなので、素材ももったいないし致しませんが。さらにいえネックス3だとどれくらいの値になったのか? という疑問も解消しきれません。検証がとん挫したという意味で、ネックスを残せばよかった理由の2つ目です。

 

 なので、今回の装備作成に当たって2部位持っていたネックスを合成してしまったのが失敗だと思ったわけです。もう一度集めなおそうとはしてみますが、オズマレイドに間に合うかはわかりません。

 てな感じで、シロコ装備バフ面で最強と言われたセッティングは、必ずしも突出して最強になるとは限らないという結果になりました。残念ですが。諸々の要素でバランスをとる必要がありそうです。

 5222装備との相性や、あるいは私がセイクリッドの関係上他に選択肢がなくて採用している流れセットとの相性が悪いなどという問題もあるかもしれないと思っています。流れは悪くはないもの5セットより3セットの方が強く、5セット効果の順位は悪くないけど最上位ではない、といったこともありますが、流れの2~3セットは力知能寄りだったような記憶があります

 つまり、大きく伸びた人がいるなら533セットだったからとか、防具セットのバランスが物魔独寄りだったからとか、バフのスキルレベルが多めに上がるセットだったとか、アクセサリーにスキル宝珠がついていたからとか、そういう側面があるのかもしれないなどと思ったりしますが、1つ1つの事例を実検証すると本当にキリがない(しお金もなくなる)ので今回の検証はここまでとします。

 

 ちなみに、私のメインクルセの日本独自要素については女プリースト実装後に販売されたものを網羅している状態です。なのでアクセサリーのライトウィング宝珠、隠身宝珠や防具のゼウス宝珠、ヘラ宝珠が理論的最強から不足している部分です。逆に言えば、称号やオーラ等のほか、肩腰靴のスキル+1宝珠は付与している形ですね。ライトウィングはスピのクロニクル装備に3枚付与してあるので剥がせたらいいのに。


 ということで、当初の理論通りの3部位発動ができなかったこともあり、予想よりは残念な結果になってしまいましたが、この構成が強いこと自体には変わりありません。今回の混合セット、ロドス3、ネックス3はいずれも優秀と言って差し支えないのではないでしょうか。手持ちのシロコ装備や自分の装備構成と相談して融合したり、入手を頑張ってみたりすれば良いと思います。

※5222構成についてはこちら↓

アラド戦記:バッファー用装備のバフ面理想について