TAG

アラド情報

アラド戦記:破壊された死者の城 モンスター情報

 破壊された死者の城のモンスター情報をまとめます。このダンジョンでは最終ボス・深淵を歩く者だけ撃破すればクリアは可能ですが、他のボスもエピック装備をドロップする可能性があるため積極的に倒した方がファーミング効率は上がります。 復活したゴールドクラウン HP 1人モード ノーマル 4380万  エキスパート 1億2240万 マスター 1億3980万 4人モード ノーマル 6億4720万  エキスパー […]

アラド戦記:110キャップ前の見直し

 そろそろキャップ開放に向けた準備を意識している人も多いと思います。そこで、次キャップに向けての準備に関してまとめてみます。ただし、情報はあくまで伝聞によるもので、実際にDNFのプレイ画面を見たり、ナムウィキで情報を見つけたりしたわけではないのでご留意を。 準備するアイテム 絶対に用意すべきもの ●特別需要のあるものは無いらしい。 ●確実に使うのは彫刻用の材料。 ●復帰勢はタリスマン&ルーン&バフ […]

アラド戦記:破壊された死者の城 概要

 110レベルキャップの上級ダンジョン「破壊された死者の城」についてまとめます。 ダンジョン概要  「最後のボウル」クエストクリア後、110レベルのキャラクターでNPC「メリルパイオニア」を通じて入場可能。 基本情報 ●入場レベル:110 ●1日の入場制限:なし ●消費疲労度:30 ●人数:1人or4人 ●入場材料:破壊された死者の城入場券 ●入場名声 ノーマル:17612 エキスパート:2447 […]

アラド戦記:ノブレスコード ダンジョン情報

 潜入ミッションや未確認拠点イベント、あと一部の敵のギミックについてまとめます。ノブレスコードの概要については下記記事より。 アラド戦記:ノブレスコード概要 潜入ミッション 通常潜入ミッション ・警戒する敵の視野を避け、次のマップまで進行する。 ・敵に見つかると捜索モードに。プレイヤーを追尾し、  もう一度捕まるとHP25%を消費して戦闘を行う。 ・先手を打って敵を倒すこともできるが、  即死させ […]

アラド戦記:小ネタ@エンブレム合成をしよう

 この前のUI改変により、エンブレム合成をいちいち1個ずつドラッグしなくても良くなっています。右クリックで1個ずつ入れても良いし、自動選択なら5個一度に投入できます(もちろん自動なら入れるものは選べない)。  1つ1つドラッグして合成しなければならない状態では、華麗なるエンブレムになる確率の低い輝くエンブレムの合成は正直「時間の無駄」だったといえます。   ただし、華麗エンブレムを2個混ぜて華麗の […]

アラド戦記:2022/5/31アップデート

 5/31アップデートでは、110レベルキャップの準備が少しだけできる真異界や、レイドの追加オークションなどのイベントが実装されました。 挑戦!レイド競売 https://arad.nexon.co.jp/nhn/news/notice_view.aspx?no=12979 ●オズマ、シロコハードのオークションにイベント競売枠追加。 ⇒スクワッドにもレイド素材や装備壺が獲得できる競売もどきが追加。 […]

アラド戦記:ノブレスコード概要

 110レベルキャップの上級ダンジョンのうち、シングルプレイ専用で序盤のファーミングに適した「ノブレスコード」についてまとめます。 ダンジョン概要  「最後のボウル」クエストクリア後、110レベルのキャラクターでノブレスコードチャンネルから入場可能。  スクワッドモードの進化系のようなもの。参加する4キャラ全員がスペックを満たしている必要はあるものの、獲得アイテムを各キャラに分配できるメリットは大 […]

アラド戦記:マイスターの実験室 モンスター情報

 今回は、マイスターの実験室に登場するボスモンスターについてまとめます。暗記量を抑えるため、見て回避できそうな攻撃は省きます。 基本仕様  ゲイボルグジャージー作戦でどの部位を破壊するかによって、最終ボス・ハプス以外のボスの内1つを弱体化させられる。   GB-5フェルハンスターク HP 1人モード ノーマル 2億5300万  エキスパート 6億5910万  マスター 8億3480万  […]

アラド戦記:マイスターの実験室 概要

 110レベルキャップについてぼちぼち調べていきます。今回の内容は「上級ダンジョン」の1つであるマイスターの実験室。他の上級ダンジョンであるノブレスコードや破壊された死者の城と比べると、チャレンジ的なコンテンツだそうです(まとめる順番が妙になりましたが)。 なお、昨年行われたアラドフェスティバルにおける発表内容については下記の記事でまとめています。 アラド戦記:2021アラドフェスティバルについて […]