Tree of Savior:アシスターについて


 そういえば、アシスターについて軽く触れておこうと思っていたのをすっかり忘れていました。現在使ってるアシスターはこんな感じです。復帰勢なうえに初期はアシスターダンジョンについて完全にスルーしていたので☆はあまり高くありません。

 


 アシスターダンジョンでは、毎週各層1回ずつクリア報酬、毎日どこでも1回クリア報酬がもらえることは週課一覧でも解説しました。最初はなかなかクリアも困難だと思うので、マンダラとかタンタイザーとかを入れてクリアすると良いかもしれません。とくにマンダラはノーマルなうえにヒーラー枠なのでお手軽に生存力を稼げます。揃うものが揃ってくれば普段の編成でも10区間までクリアできます。

 


 アシスター保管箱は右下のメニューにあるカードのマークです。なお、手に入れたアシスターカードは最初、インベントリの一番下の方に保管されています。タグでいうと消費枠です。なぜかAii枠だと他のタブの内容よりさらに下にある。

 


 保管箱の操作はほとんど体感的にわかるものだと思います。強いて言うなら赤枠のアイコンをクリックでカードブック開封ガチャを行うことができます。まずはこれでアシスターをそろえていかなければ始まりません。編成、合成、進化については下のアシスター一覧から右クリックでアシスターを選択できます。

 


 進化タブでは同じ星数の同じアシスターを3体合成して進化させることができます。


 進化すると星数が増え、、☆3になるとスキルが増えます。ちなみに合成は同じ等級のアシスター3体(ただし全く同じの3体は無理)を合成してランダムでアシスターを生成します。大体は同じ等級ですが、たまに1つ上の等級のものが出現します。

 

 


 アシスターの属性、種族、等級の組み合わせによってステータスなどが上昇します。要は同じ系統のアシスターを2匹入れておけば良いって感じです。等級に関しては、レジェンド×2さえ満たしていたらあとは無視て良いと思います。それぞれ属性も種族も等級もアシスターごとに異なるので、パズルのように組み合わせる必要があります。

 先頭のアシスターのみ発生する固有パッシブに関しては、魔法職ならモリングフォニアが魔法クリティカル攻撃上昇。他にはリトルバークが斬、マーズルースが打、ベイビースキアが突、ボルタが銃、ベルカッパーがキャノンのダメージアップまるのっくすは治癒力を上げてくれます。他にはユニーク等級の魔将カードに、各属性魔法ダメージを上げてくれるものもいます。なお、弓ダメアップはファイアーロード(ノーマル)なので使用しませんでした。

 

 あとは火力職なら雷属性のクリティカル発生、野獣種族の力or昆虫属性の知能を、ヒーラーなら悪魔種族の精神力アップを優先すると良いでしょう。他は先頭アシスターの種類に合わせて、意味のあるオプションを模索することになると思います。