Tree of Savior:天罰アーク獲得とアークについて


先日のこと、ついに天罰アークを製作することができました。


製作アークについて

▲Ep12のクエストでもらえるものよりはるかに高い性能を誇る製作アーク。火力はったら天罰で良いみたい。手数が多くて1ヒットダメージが少ないパイエレタオみたいな職は落雷がいいとか、シャドウマンサーで暴風が強いとか、シュバルツライターで疾風が強いとかそんな感じみたい。Ep13で治癒のアークも実装されました。

 


アークの製造はアルケミストが行ってくれます。

 


材料は、アークの種類ごとに定まったアーキストーン2種類とティエリニューム。

 


ティエリニュームも錬金術師で製作することができます。素材は画像の通り。シエラストーンのレシピは雑貨商店で購入できます。

 


アーキストーンの種類が合わないとき、同様に錬金術師のコマンドで好きな種類へ変更することができます。私は2個とも種類が合わないという残念な確率が発生していました。神秘ページ10枚で変更可能。なお、アーキ破片からアーキストーンを作るには、破片を10個持った状態で右クリックです。

 

アークの強化や移転

 アイテム製作などで使う休息モード(座りモーション)でアークの強化や、強化値の移転を行うことができます。画像で赤く囲んだ上側が強化、右側が移転。これは製作アークのみでなくクエストのアークでも同じ。

 


 アークはレベルを上げるごとに、個々に記載された効果が強化されていきます。ニュークルパウダーで経験値をためて、たまり切ったら色々な材料投入でレベルを上げることができます。こんな場面でも祝福石を使ってしまうのがこのゲームのつらいところ。
 また、自動チャレンジ3区にはレベル3のアーク、自動分裂特異点にはレベル5のアークがないと申請できないので、チャレンジ等でニュークルパウダーを貯めていきましょう。このときのアークはクエストでもらうものでもOKです。

 


 アークの移転では、強化値を減衰なく移すことができます。シルバーを搾取されますがノーリスクなので、クエストアークをとりあえずレベル5にする、というのは自動マッチング参加権的にもおすすめです。


 1つの大きな目標であった天罰を作成することができたので、次はカラリエンアクセを目指すことになりそうです。アークよりさらに多くのアーキストーンを求められることになりますが、レティガチャ大爆死の後になって運も上がってきた気がするので、アーキや破片入手量も加速していきたい。