アラド戦記:ソドマス30秒ムーブ

以前と同様、身内用に軽くサンドバッグ動画を撮影したのでこちらにも投稿しておきます。


 とはいっても大剣ソドマスは割と安直です。スキルクールタイムのわりにチャネリングが短いため、一通り打ち切ると息切れが生じるからです。この動画も一発撮りのため、小剣やクール減装備の場合はもっと詰めるべきところがあると思われます。

1.ルーンで悪即斬のクールタイムを30秒未満にして2回打ちたい。
2.半月閃光も可能なら3回打ちたい。
3.魔剣放出も基本2回打てる。
4.幻剣を取得しているなら合間に使う。
5.破剣舞をキャンセルする(タリスマン未使用時)。

 これくらいじゃないでしょうか? 基本的にマスタリー(大剣バフ、ブレードキャンセル)を発動させた上で、スキルの発動回数を稼げる立ち回りをすれば良いだけです。ただし、暗殺者セットなどのクール減を使っている場合はスキル回しを若干更新する必要があるでしょう。

 私のキャラはクール減がないため閃光を2回しか打てていません。サンドバッグに特化するなら青か緑のルーンを半月or閃光にも割り振った方が良い可能性がありますが、実戦向きではないためやっていません。

 

 


キャラスペックは増幅8~11、武器12強化、イヤリング11強化という感じです。

 元々ソドマスはアクション性が好みなのもあって実装以来メインで動かし、レクイエムソロやアントンレイドダンジョンソロなど楽しんでいました。しかし95キャップ以降は基本的にスキルをぶっぱすれば済む職になってしまったため、2軍サブキャラの立ち位置にとどめています。とはいえ全職強化バランシングまではハイスペックな実力を持っている職といえるでしょう。


 こうなってくると、30秒サンドに関して汎用的な記事をまとめても良いかもしれないと思ってきます。サンドバッグは基本的に参考数値程度の概念でしかありません。でもだからこそ、やり方を間違えて自分のスペックを低く見積もり、オズマレイドへの参加を諦めるようなことがあってはもったいないですからね。