【アラド戦記】105エピック組み合わせ例:実質ノーペナの“制服”~MP過剰消費セッティング~

 今回は、韓国でいう“制服”(ドレスコード的な。人権服とは言いたくない)、つまりテンプレ上位装備であり、もはや日本サーバーでも定番となっているMP過剰消費(過消耗)セッティングについて改めて解説します。


MP過剰消費セッティングとは
 「スキル使用時MP消費量増加」効果がある装備を組み合わせることで、MP消費倍率がそのままスキル攻撃力増加につながる「天才技術者の厚い信頼ブーツ」の効果を得ることを主眼にしたセッティングです。

 天才靴の効果を最大限に発揮するにはMP消費量500%増加が必要ですが、さすがに通常の6倍消費だと回復が追い付かない(マナエイドガブ飲み前提な上に消耗品制限ダンジョンでは使えない)ため、現実的なラインとして375%という数字に抑えておくのが定番の流行です

 なぜ375という中途半端な数なのかは、1部位の増加量が175%と効率の高い肩防具「果てに向けられた視線」を活用するためです。

 

特徴と欠点
 MP消費量増加そのものは純粋にデメリットといえますが、「天才技術者のマルチツールベルト」によるMP回復効果(毎秒1ヒットごとに回復)がインチキレベルで強いので、実質ペナルティを感じないレベルで運用することができます。

 つまり、「ほぼノーリスクに近い状態で最高クラスの火力を発揮できる」のがMP消費セッティングの強みといえます。またもう1つの強みは、数度にわたるエピック改変の間で、のタイミングにおいても最上位クラスの強さを持つことも挙げられます。

 ただし、例えば真覚醒スキルなどを使用するとごっそりMPが削られますし、あるいは長期戦になるとじりじりMPは減少していったりするので、特に上級ダンジョンではMP管理に注意する必要が出てきます。また、ヒット数が少ない職業はMP維持の関係上不利となります。

 職業によっては4つ目のMP消費増加装備を着けるのも可能とはなりますが、後に実装予定の上級ダンジョン「イスピンズ」では消耗品使用回数に制限がつくことも押さえておく必要があります。

 

装備セッティング例

 例えば上記のようなセッティングが考えられます。ただし、肩腰靴がほぼ必須パーツであるのに対し、それ以外の部位は基本的には何でも構いません。つまり、MP消費セッティングに支障をきたさない限り、肩腰靴以外は何を装備しても問題ないということです。上記セットの内容は下記の通りです。

【画像のセッティング内容】
上着:シャドウブラックスーツ
パンツ:獄火の亡霊の大腿甲
肩防具:果てを見つめる視線
ベルト:天才技術者のマルチツールベルト
靴:天才技術者の厚い保護ブーツ
腕輪:黒化の拘束腕輪
ネックレス:閉ざされた領域
指輪:アダプタブルツートーンリング
補助装備:掘削強化パーツ
魔法石:抑留された魂の令呪
イヤリング:アクロマティックロンバス

※赤字が必須級パーツ

 

各装備のセレクトについて
上着:シャドウブラックスーツ(お好み)
 なぎの装備はセイクリッド(数奇など)、最終装備はカスタムエピックですが、後者は良質なものを得るのが困難なので、消去法でシャドウブラックスーツが採用されがちです。他にも特殊用途で便利な上着はありますが、その辺りは各自でご判断ください。

 

パンツ:獄火の亡霊の大腿甲(お好み)
 いわゆる「課金戦士装備」で、アバターが120個必要なため採用は慎重に他の選択肢としては、状態異常装備または属性強化装備が最も汎用的。他にも後日実装予定の強力な課金戦士装備に「ロボティカコンバットパンツ」があります。その他は選択するとしても特殊用途なので割愛。

 

肩防具:果てを見つめる視線(ほぼ必須)
 MP消費量175%増加により、天才ブーツの効果を最も加速してくれる装備です。他部位が軒並み100%なので、一粒で1.75倍美味しいと言えます。また被害増加数値も大目に増やしてくれるので単品の効果も悪くない。これらの特徴により、基本的にはマストに近い装備(採用しないためには理由が欲しい)と言えます。

 

ベルト:天才技術者のマルチツールベルト(必須)
 MP消費量を100%増加させて靴の効果を高めつつ、攻撃時MP回復効果により枯渇を防ぎますこのセッティングの生命線と言える装備。MPを消費し続けることで被害増加数値も上昇します。

 基本的にこの装備を採用しないことはほぼあり得ないと思います。余程他の方法でMPと火力を確保できる自信があるなら別ですが…

 

靴:天才技術者の厚い保護ブーツ(必須)
 このセッティングにおける核となる装備。MP消費量の増加に応じてスキル攻撃力を上昇させますこれを採用しないならMP消費セッティングにする意味がないまであります

 

腕輪:黒化の拘束腕輪(お好み)
 腕輪は状態異常ダメージ変換装備が人気。汎用性が最も高い出血のほか、感電(生命が宿ったレザーバンド)、火傷(ポイントレーダーアームレット)、中毒(ゴーレムの核腕輪)が選択肢となります。

 これらの装備は与ダメージの50%を状態異常ダメージに変換し、さらに該当状態異常のダメージ増加、状態異常の敵へのスキル攻撃力増加効果を持ちます。スペック上の総ダメージは17.7%の増加かな? 各状態異常の特徴は下記の通り。

感電:敵に付与後、10ヒットの攻撃を加えると
   総ダメージの8割を即座に与えられる。
   ヒット数を稼ぎやすい職が無条件で選ぶ傾向あり。

出血:ダメージ回収時間が3秒と短いため汎用性が最も高い。
   重複によりダメージが最大10%上昇する効果も。

火傷:ダメージ回収に5秒もかかるのでやや不便。
   氷結と組み合わせれば即座にダメージを稼げる。
   上記の特性のため、カタログスペックは高め。
※上級ダンジョン「イスピンズ」で火傷セッティングに
 ピッタリのベルトが出るので、選択肢の1つに。

中毒:火傷同様、ダメージ回収に5秒かかるので不便。
   ダメージを即座に回収する手段すらない。
   喧嘩屋なら無条件で採用できる。

その他:無力化系の状態異常は実戦で常時発動させることが
    事実上不可能なので、装備によって気絶、石化、氷結に
    特化する選択肢は基本的にはありえない。

 その他の選択肢としては、基本技や低レベルスキル特化の職ならミニチュアヘッドセットアームレットの採用も可能です。

 MPが余りやすい職業ならMP消費量増加のリプレイサーも選択肢ではありますが、MP残量トリガーの効果を維持しづらいのがネック。どちらかというと魔法石で+100%する方が人気かも。

 他の選択肢に残念なものが多いため、多くの人は多少の扱いづらさを許容しつつ、状態異常腕輪を活用するのだろうと思います。上着や魔法石のカスタムエピックで該当状態異常のダメージ増加オプションが得られたらさらに強いですね(固定エピックにも同様の効果の装備はあるものの、MP過剰消費セッティングと部位が被ったりします)。

 

ネックレス:閉ざされた領域(超お好み)
 課金戦士装備の1つ。アカウント金庫+所持金の合計が2億ゴールド(200M)で被害増加が最大になり、4億ゴールド(400M)でスキル攻撃力が増加します。ディーラーで活用するなら最低でも2億はほしい

 そんな性能なので、採用しない人も多いと思います。他の選択肢としては、最低限のコンボを維持できれば8%の防御力無視ダメージを与えられる「高揚した憤怒のネックレス」が有力超々近接戦の職なら使える「インパルストリガー」、コマンド入力が得意なら「テクノロジーボディーカムネックレス」、後日実装予定の「アトミックコアネックレス」も選択肢4属性のそれぞれに特化したネックレスも一応選択肢に入るかな

 MP量微調整用の「マシーンコントローラーリモート」もありますが、MP消費量50%増加、敵を倒した時にMP10%回復という効果は、メイン装備というよりは金策周回のときだけ使う専用装備のイメージが強いです。

 

指輪:アダプタブルツートーンリング(ややお好み)
 クールタイム回復速度を最大30%上昇させる単品で完結した性能を持ち、どのセッティングでも最上位に位置する指輪と言えまダンジョン内移動速度は自力で60%以上あれば十分採用範囲内

 他の選択肢としては、マイスターの実験室固有エピックの「エネルギーサーチリング」も実装後なら有力候補チャネリングの短いスキルを短時間で撃ち尽くせる職なら「戦術レーダー網リング」もそれなりに使えます

 MP消費装備には「ワンタッチスマートリモコン」がありますが、MP維持が条件な上にツートーンリングの存在があるのであまり選ばれません。結局ツートーンリングが万能に強すぎます。他には、カスタムエピックを使う場合もあるみたい?

 

補助装備:掘削強化パーツ(お好み)
 クール減効果を得られる代りにスキル攻撃力が若干低下。今のところはどちらでも良い性能ですが、イスピンズ実装パッチで強化されて固定エピックで2位クラスの性能になります

 なお、性能1位は未実装の業師必須装備「オプティカルコンバットグラス」となります。他には「空中型:戦術フロップドローン」も補給品を拾えるなら評価が高い装備

 それ以外にはコマンド入力セットの「黎明の聖杯」などもありますが、ほぼ好みまたは特殊セッティングと言えるでしょう。

 

魔法石:抑留された魂の令呪(超お好み)
 孵化済みクリーチャー20以上所持でクール減効果を得られます条件が厳しい上にダメージオプションはさほど高くないので、お好みの度合いが高いです

 魔法石は全体的に火力オプションが貧弱なので、最適解を考えた場合はカスタムエピックも視野に入れるところ

 MP消費に余裕があってさらに消費量を増やす場合は、この部位に「ミニバッテリーパック」を採用するのが最もありがちな選択肢です。

 他の選択肢としては、イスピンズ実装時の改変で強くなる未実装の「完成型動力制御装置」が有力。他には基本技や低レベルスキルに特化した「灰色の猫像石」は適職なら強く、カウンターダメージ増加の「呪われた心」は対ボスで強い(特にイスピンズ)

 また、被ダメージを低下させる各属性の魔法石も、火力偏重主義でないなら十分に採用意義はあります。それ以外は特殊用途なり好みなりになってくると思われます。

 

イヤリング:アクロマティックロンバス(お好みと相性)
 イヤリングは基本的に好みと職相性によって変動します。ロンバスは覚醒スキル攻撃力減少、それ以外のスキル攻撃力増加、非無Qスキルのクール減と無Qスキルのクール増という効果を持つ装備。耳装備の中で、エピック改変の影響を受けずに常に上位にあるのが特徴

 他の選択肢としては、イスピンズ実装時の改変で強化される「堕落した魂」「吹き込む微かなため息」が最有力。強化後は大抵の場合、これにロンバスを加えた3つから選ばれますあとは、もし「視覚の観点」に追加ダメージ宝珠の被害増加7%が反映されれば検証の余地が出てくるかもしれません。それ以外はもし使うとしても趣味か特殊セッティングが多い。


 以上、他装備を考察すればするほど、このセッティングが汎用性の高さと安定した強さを持つということは分かります。

 

関連記事

【アラド戦記】105レベルエピック概要&韓国評価まとめリンク