【アラド戦記】105レベルエピック概要&韓国評価:イヤリング

引き続き、ナムウィキに基づいて装備の特徴や評価をまとめます。


未知の文明-ツインストーン
 4属性強化イヤリングのうち、水属性を担当。若干の属性強化と高いクリティカル率を得られる

属性イヤリングの特徴
●他属性を下げるので被弾が痛くなるリスクあり。
⇒一応、自傷ネックレスと組み合わせる手もあるが…。
●メイン以外の属性強化が高い場合、
 その属性のイヤリングにした方が属性強化は伸びる。
⇒サブ属性強化が128以上なら火力はそちらの属性耳が上。
 エピック改変で数値が変わるかも。
⇒クリ率が欲しいならその数値も意識。

 

嵐を飲み込んだエネルギー
 消耗品によるMP回復量増加、MP消費量減少、MAX HP増加という、MPを維持することに特化した装備

 アーカンセッティングで生存力を上げることできるが、ダメージオプションが皆無であることから、少しでも火力面に貢献できる「堕落した魂」を使った方がマシという考えが主流

 イスピンズ実装パッチで強化されたが、堕落した魂も上方修正を受けたので結局立ち位置は変わらず。

 

生命を育むコバルトスティック
 属性イヤリングのうち、光属性を担当する。詳細は最上部のツインストーンよりの項より。

 

ブースティングパルスチューブ
 MP過剰消費セッティングで採用されるイヤリング。MP消費量が400%以上増加している場合に強力な効果を発揮する

 残りMP10%未満を維持した時にダメージが増加するが、MP消費セッティングでは事実上不可能なオプション。

 この装備を採用する場合、定番セッティングの視線、天才腰靴に加えてミニバッテリーパックも併用することが多い(消費量475%増加)。このセッティングは職や構成を選ぶので、修練場で視線の効果を発揮させたうえでMPの減り具合を確認しておくのが望ましい。

 なお、イスピンズ実装パッチにおいて他のイヤリングが軒並み強化されたことにより、相対的に置き去りにされた形の性能となった

 

引力の法則
 ダッシュ時にスキル攻撃力や移動速度が増加する(スキル増加はエピック改変で追加)主にサモナーが使うことが多い。ハイテク高機動アーマーを使う場合、ツートーンリングとこの装備を併用することで最大オプションを得やすい。

 スキル増加の持続が7秒のため、チャネリングが長いスキルの使用には要注意

 

竜殺者の証-竜鱗のイヤリング
 イスピンズ実装パッチにより、同シリーズの他装備と類似したスキルレベル+10効果に変更された75レベルスキルを+10し、ダンジョン内で使用するごとにスキルレベルが減少する(SLVが10に下がるまで適用)

 実装初期のオプションは「火力に関係ないどころか全く意味不明のオプション」と言われ、マニアックな装備を好む人でさえ全く顧みなかった。なので使うとしてもイスピンズ実装後で

 しかし75レベルスキルは主力とするキャラクターも多いであろうことから、部位としては微妙かもしれないネクロマンサーの「ブラックアラクニア」をタリスマン込みで運用する意義はあるが、ネクロはそもそもアクロマティックロンバスとの相性が最高なので…

 

呪われた手綱
 出血状態の敵に対するスキル攻撃力や、出血状態の敵数に応じたクール回復速度、HP回復力増加を増加させる効果が得られる。

 クール回復は道中の雑魚でもない限り最大値は受けられないが、ボスやネームド相手でも10%は受けられるのでそれなりに良い。そのため出血セッティングの価値を高める要素となる装備であった。バーサーカーとの相性も良い

 ただしイスピンズ実装パッチにおいて「堕落した魂」が強化されたことにより、その下位互換となってしまう。具体的には無Qスキルが主力である大多数の職なら「堕落した魂」、非無Qスキルがメインの一部の職なら「アクロマティックロンバス」のほうが強いという位置づけに。

 

オペレーションオーダー
 属性イヤリングのうち、火属性を担当。詳細はページ上部のツインストーンより

 

堕落した魂
 無Q浪費セッティング装備ベルトやブレスレットとの併用で真価を発揮する。単品としては従来はイマイチな能力だったが、イスピンズ実装パッチでクール面が強化されて汎用的に使える装備となった

 バフ力が最大なのでバッファーに有効ではあるが、「視覚の観点」にステ150付与を行った方が強い。ただし、ソロ時の戦闘力とのバランスは良い。

 

アクロマティックロンバス
 覚醒が弱くなり、それ以外音スキルが強くなる。また無Qスキルのクールを伸ばす代わりに、非無Qスキルのクールを縮める

 無Qスキルのクール増はイマイチに感じられるものの、他がそれを補って余りある人気装備。他装備でクール減を補うのが基本ではある

 覚醒スキルの比重が高くないor威力が弱い職業(ウエポンマスターやスピッドファイアなど)に向いているが、そうでなくても無Qスキルが極端に残念な職出ない限りは採用して損がないただしクリエイターは回避したほうが良い

 イスピンズ実装パッチでは特に強化されなかったが、大幅に強化された「堕落した魂」「吹き込む微かなため息」と肩を並べる3強となっているとか。

 バッファーでは覚醒クール増が致命的なのであまり使いたくない

 

吹き込む微かなため息
 クールタイムが15秒以上のスキルを強化、未満のスキルを弱体化し、攻撃&キャスト速度の合計が100%未満ならクール減、以上ならクール増となる装備

 イスピンズ実装パッチで短クールスキルの弱体化がなくなり、速度過多によるクール増のペナルティも緩和され、問題なく使える性能となった

 クールタイムを基準とするオプションはスキル表記に依存し、クール減は適用、クール回復速度は未適用の状態で計測される

 

爆発型:小型戦術フレア
 シロコのロドスセットの効果のうち、速度関連を落とし込んだような装備火力オプションはイマイチだが、プレイヤーによっては高い速度を重視して採用することも。また周回警備用の装備としては最強の部類といえる

 難点は、オプションの「〇〇状態」の適用タイミングが曖昧であること。人によって意見が対立するレベルで分かりづらい。これが嫌で採用しないプレイヤーもいる。

 イスピンズ実装パッチで属性強化15が追加され、ダメージも上方修正となったため、速度セッティングを行うプレイヤーは選択肢に入れてみるべき装備となった

 

清明な朝の新芽
 属性強化イヤリングのうち、闇属性を担当。詳細はページ上部のツインストーンを参照

 

視覚の観点
 魔法付与効果倍増装備ダメージ増加値が低いため、ディーラーは基本的に採用価値がない。一方バッファーはステ150付与を行っている場合のみ最強となる。なお、一度攻撃しないとフルオプションにならない点は注意

※例外として、日本では追加ダメージ宝珠の採用が検討されるが、現状では何が仕様で何がバグなのか曖昧なため手を出しづらい(下記参照)

 

心を伝える音
 チャットに特定の文言を含めることで、自分を氷結状態にしたり解除したりできる。氷結状態になると被ダメージ減少効果あり

 イスピンズ実装パッチでダメージ増加値が全装備中最高水準になったが、他装備が軒並み強いのでディーラーには不人気。バッファーは生存力目的で採用を考慮する人も

 

エンデカコアチップ
 石化した敵へ45%のスキル攻撃力増加を得られる数値的には最強クラスの装備だが、当然のことながら石化状態異常が不遇のため使いづらい

 

徘徊する魂霊の香炉
 歩くと速くなり、走ると遅くなる謎の装備スキル中に移動する機能は「歩く」判定と捉えられるらしく、女レンジャーが決戦武器で移動射撃を行うと異常な速さであるくことになる

 イスピンズ実装パッチでクール回復速度20%が追加されたが、それだけで採用するほどイヤリングのラインナップは甘くない。

 

黄昏の星団
 ボスにダメージを与えれば与えるほど、ダメージ増加と自分の防御力減少オプションが重複していくアイテム

 ノーブレスコード固有エピックであるうえに性能も微妙で、改変後の立ち位置もそう変わらない

 

空を舞う羽根
 100レベルエピックの悲劇セット同様の効果を持つ。ボス、ネームド、チャンピオンモンスターにヒット数を与えるごとに、HP割合減少効果を与える

 ヒット数の条件が困難なため使いこなせる職は少ない。しかし、バフ力がさほど低いわけではないため、バッファーが運用すると特にデメリットなく使用することは可能

 韓国5/12パッチで召喚による攻撃もカウントされるようになる。イスピンズ実装パッチでは敵のHP減少量が最大5%という条件も追加されたため、採用価値はイマイチ

 

超小型GPS
 無力化ゲージ減少量25%増加、ゲージを減少させるたびにスキル攻撃力2%増加(最大10重複)という効果を持つ

 110キャップのネームドやボスにのみ効果を発揮するアイテム。無力化を活用できる職業に向いている(ソウルブリンガー、阿修羅、喧嘩屋)し、そうでなくてもPTコンテンツでは活用できる。また、デカガイダンスデバイスとの相性が非常に良い

 イスピンズ実装アップデートで無力化状態異常の弱体化が行われたが、それでもなお優秀なエピックの1つといえる

 

永遠を終わらせる長い願い
 中毒ダメージをすぐに回収する効果がある? また、自分が中毒状態であるとき、中毒ダメージを増加させる。攻撃時に敵を火傷状態にする効果も

 運用する場合、浮遊石ベルトなどの自分を中毒状態にする装備が必要。複雑な条件が必要なのに、得られるのが単なる中毒ダメージ15%であることを考えると何とも微妙に感じられる。喧嘩屋以外で中毒セッティングをせざるを得ないなら、という程度か

 

カスタムエピック
●ブルーベリルイヤリング
●エントの精霊のイヤリング
●森の魔女のイヤリング
●ディープダイバーイヤリング


 初期段階では「アクロマティックロンバス」の人気が高いといえそうですが、クール増加に対応する装備構成が必要であること、覚醒の威力が下がることに注意が必要です。

 イスピンズ実装まではそれなりに強い「ブースティングパルスチューブ」や「呪われた手綱」を一旦活用しておくのも手だと思います。「視覚の観点」は追加ダメージ宝珠の適用状況によっては考慮に入ります。

 それ以外には、サモナー等で有用なダッシュ後スキル攻撃力増加の「引力の法則」、ひたすら速度に特化した「小型戦術フレア」、各種の属性イヤリングもお好みで。属性イヤリングは他属性のモノを選んだ方が強くなる可能性も把握しておきましょう。

 イスピンズ実装時に強くなる「堕落した魂」「吹き込む微かなため息」も要注目ですが、初期段階ではいうほど強くない。「超小型GPS」も実装したら使う価値あり。

 バッファーでは、ステ150宝珠付与の「視覚の観点」が最も強いバフを得られますが、フルスペックには一度攻撃を行う必要があるのを忘れずに。それ以外では堕落した魂が基本のバフ力が高い。あるい「空を舞う羽根」で雀の涙ながらボスへ割合ダメージを与えるのもありといえばあり。