【アラド戦記】105レベルエピック概要&韓国評価:ベルト

防具最後の部位です。ナムウィキより特徴と評価をまとめます。


エクスペンションサプライベルト
 火抵抗に応じた大幅な速度増加(最大45%)やHP維持によるクール回復速度、火属性抵抗上昇などの効果が得られる。オプションはやや不安定だが悪くない方で、バランシングパッチ後は速度セッティングのコアパーツにする選択肢も出てきた

 被ダメ増加オプションも、アンビトンメダルと併用すれば火抵抗で相殺できる。また、高い速度上昇効果から、警備専用装備としても非常に強力(アンビトンメダル、内面の顔と併用。衰弱シューズとの相性も◎)

 

うんざりする恐怖
 非無Qスキルに無色キューブ欠片2個消費効果が追加され、30LV以下のスキル攻撃力が増加し、また消費した無Q欠片個数に応じて該当スキルの攻撃力がアップする装備。なお、バックステップですら無Q2個消費の対象になってしまう

 また、この装備を完璧に使いこなすには、腕輪「拘束された自由」とイヤリング「堕落した魂」も併用する必要があるが、そうすると基本スキルを使うだけで無Q32個を消費することになる(無Q消費数がnである場合、最大使用個数は8n+16個:もとの非無Qスキルの場合n=2)。

 このように、異常にコストがかかる装備になっているにもかかわらず、元の無Q消費数が1個のスキルは最大消費数が24個のため、無Q消費数30個が条件となる2OPのスキル攻撃力10%効果を受けることが不可能というデメリットも。

 とはいえ、この装備と上記2装備を用いれば火力量が大幅に上がることは事実。MP過剰消費セッティングとの併用は難しいが、HPベースの装備(マニピュレーション&破壊された命&黒い星)とは併用可能。※HPセッティングと組み合わせる場合、さらに「真夜中の聖域」「死に浸食された甲冑」を加えた不死セッティングとし、パンツは属性特化装備などを用いる例などがある。

 無Q消費セッティングとHP量セッティングを組み合わせた場合、無Qの消費量やHP管理の難しさに頭を抱える代わりにMP&状態異常セッティングに勝るディーリング能力を得ることができる。

 なお、バッファーの場合はバフ力が高いため採用率が高い。無Qの使用量増加に関してもこの装備単品では大したことがない。

 

孤独の白いベルト
 魔法付与効果倍増シリーズ。ベルトはせいぜいステータス増加なので有用性はイマイチと思われる(ナムウィキコメントなし)。

 

サンダーレジストベルト
 感電セッティング装備(光強化)。攻撃時20%の確率で敵に感電効果を持つ落雷を落とす。他には感電状態の敵へのダメージ増加や光属性強化上昇効果を持つ。ナムウィキには特にコメントなし。感電+光セッティングを使う場合のみ選択肢として考える手もあるか。

 

ガイドラインベルト
 無色キューブ片を消費しないスキルを強化し、消費するスキルを弱体させる装備。ルンバスのイヤリングと組み合わせることで、非無Qスキルの有用性を大幅にアップさせられる

 MP消費セッティングとの相性は悪いので、基本技セッティングや速度セッティングと組み合わせるのが定番

 

星を含むベルト
 停止(移動も行動もしない)している時間に応じたダメージ増加効果が得られる。条件がかなり微妙なところ(ナムウィキは特に評価文言なし)。

 

音律に込められた希望
 スキルとポーションによる回復効果をなくし、装備効果による回復に頼らせるベルト。その割に回復量が微妙なのが残念(初期パッチ効果)。

 イスピンズ実装時のパッチで別物に変更。アイテム使用時、10秒間睡眠状態になり使用済みスキルの残りクールタイムを10%減少させる。また、消耗品使用後20秒間ダメージ増加効果を得る。睡眠ブレスレットを中心としたセッティングで使うらしい

 

不変の浮遊石ベルト
 何らかのアイテムを使用すると効果が続くあいだ自分が中毒状態になる代わりに、スキルクール回復速度を増加させる。ノブレスコードの消耗品制限マップなどでは発動できないが、他のダンジョンで持続時間の長いアイテムを使っておけば問題ないとか(効果が終わる前にクリアする必要がある)。

 中毒セッティングの必需品で、もし仮にこの装備を使わないなら「氷石の肩」「自傷効果のあるネックレス」の2つを必須とする。

 なお、中毒を維持するために消耗品を重ねて使用すると、1~2秒だけ中毒によるダメージが数十倍になるバグがある

 

ハイテクサプライベルト
 正面から攻撃を受けた場合のダメージを減少させ、バリアを発生させる完全に生存向けの装備なので、火力目的では論外と思われる(コメントなし)。

 

純粋な自然の理
 感電セッティング(光属性)用装備。光属性強化数値に応じた元素攻撃発動、光抵抗値に応じた速度増加や光属性強化オプション、感電状態の敵数に応じたダメージ増加効果がある。特にコメントはないが、感電+光セッティングのキャラなら一応の選択肢に入るのか?

 

向き合えない壊れた誇り
 感電特化装備。カウンター3回攻撃時、キャラ周辺の敵を感電状態にする。感電ダメージ増加や感電対象数によるダメージ増加効果も。

 こちらも特にコメントはないが、感電セッティング装備が無駄に多いイメージは否めない。純粋な自然の理は光属性特化であること、向き合えない壊れた誇りは感電そのもののダメージを増加させることが明確な違いとなる

 

大地を守るウィングベルト
 攻撃時に発生する光の領域にいる間、スキル攻撃力や全属性強化増加、受けるダメージ減少などの効果を得られる100キャップでいう影セットのようなイメージか

 バランシングパッチで強化されて数値的には悪くない装備だが、現在のメタが杭打ちメタ(定点で戦うスタンスの事か)ではないために選ばれにくい

 

破壊された信念
 出血セッティングのコア装備(バランシングパッチで強化)。装着すると自分自身を出血状態にし(敵も出血させられる)、スキル攻撃力増加や出血状態の敵対象数によるダメージ増加効果が得られる。

 血の結晶リングと組み合わせたり、狂気の法石を利用したクール減セッティングで使用したりする。

 

天才技術者のマルチツールベルト
 MP過剰消費セッティングの必須装備。MP消費量を倍増させ、消費したMP量に応じたダメージ増加効果や攻撃時MP回復効果を得られる。

 単品で使ってもMP回復効果によってMP欠乏の心配は無いため、あって損はない装備。

 MP消費量による効果は従来、各重複効果が別々の持続時間を持っていて使いづらかったが、バランシングパッチで統合されたことにより維持が容易になった。

 ナサウ森林のネームド「ドラッカアンスト」固有ドロップであるため、選択箱以外で入手しづらいのがネック。

 

ドラゴンスケビンジャー
 属性強化のドラゴンシリーズのうち、水属性を担当。相変わらず35以下と40以上のスキルをトリガーとする効果をそれぞれ持つ。クリ率や速度オプションも。

 腰装備は構成によっては単品で使うこともあるので、水属性キャラで条件なしの装備を使いたい場合は消去法で選択肢に入るかも。スケビンジャーってなんだろう? スカベンジャーのことか?

 

アタレーションダイヤルベルト
 石化状態異常シリーズ。総HPの15%以上のダメージを受けると、周囲の敵を石化状態にする。他には自分が石化状態のときの被ダメ減や石化状態の敵へのダメージ増加効果を持つ。

 別部位の石化装備が酷評されていたこともあり、おそらくイマイチという評価なのだろう(コメントはない)。

 

まともな本分
 コマンド操作系の装備拡張スキルクイックスロットに登録したスキルの攻撃力を減少、登録していないスキルの威力を増加させる(何かしらのスキルを登録することが条件)。

 強力な性能を持つが、天才ベルトと部位が被るのが不遇であった。その後バランシングパッチで強化されたことにより採用価値が増加している主力スキルはスロットから抜くor基本スロットに登録し、拡張スロットには非主力スキルをセットして使用することになる

 

オクファの亡霊
 チャット入力で搭乗可能な機体を召喚する。案の定性能はおもちゃレベル。過去にはランチャーで陽子爆弾を使えば敵を即死させられるバグがあったとか。

 ノブレスコードの潜入やドローン検知などの任務では、地上のMOBがロボットを認知しない性質を利用した活躍が可能。

 

パワープラント
 スキルを4回使用するごとに、次のスキルの攻撃力が増加する(5回目のスキル攻撃力増加)ダークナイトを意識して作られたような装備である

 他の職業で使う場合、スキル回数を自分でカウントする必要があるので面倒。MP過剰消費セッティングが主流のせいもあり、まだまだ研究され切っていない装備である。

 以前は5回目のスキルクールタイムが増加するペナルティがあった(完全にダークナイト以外は微妙)が、バランシングパッチ出さくじょされた。

 

クーリングサポートベルト
 物理+魔法防御力の上昇率が合計60%の場合、ダメージ増加やスキルクール減少の効果を得られる装備。PTメンバーが多いとスキル範囲が増加する効果も。

 MP消費量が少なく、天才ベルトへの依存度が低い一部の職業(エレメンタルボマーなど)で採用の価値がある

 

霊面の準備
 火傷セッティングの必須装備氷結免疫状態の敵に氷結をかけようとすると、火傷ダメージが一括適用されるという面白い効果がある。

 

カスタムエピック
●森の中の魔女ベルト
●ブルーベリルベルト
●エント精霊のベルト
●ディープダイバーベルト


 速度セッティングで便利な「エクスペンションサプライベルト」、無Q消費型の「うんざりする恐怖」、基本技or速度セッティングと組み合わせられる「ガイドラインベルト」、睡眠セッティングで使用可能な「音律に込められた希望」、中毒セッティングで必須の「不変の浮遊石ベルト」、出血セッティング用の「破壊された信念」、火傷セッティングの「霊面の準備」、コマンド操作系の「オクファの亡霊」など、特化型のセッティングにおいて重要パーツとなる装備が多い部位のようです。

 最も人気なのはMP過剰消費型の「天才技術者のマルチツールベルト」。または同セッティングでMPに余裕がある職なら「クーリングサポートベルト」も活用可能