アラド戦記:オズマレイド2段階以上追加ギミック抜粋まとめ

 オズマレイドでは混沌2段階以上の難易度になると、ギミックに追加要素が発生するネームドが多数います。ということで、1段階までのギミックには慣れたけど2段階以上に行くときの知見がまだ足りない人向けに、追加ギミックのみを抜粋して簡潔にまとめていきます。


1フェーズ
破滅の道
[解放]亡者の回廊:切り開くスカルペル
●各攻撃ごとに回転刃を投げてくる。

●剣投げで投げてくる剣の数が倍以上に増加。

 

絶望の分かれ道
[補助]セルハ:浸透者トロッカ
●強制ギミックをクリアする必要人数が3人に。
おさらい:全員が画面右端に強制移動されるので、画面下部のキャストゲージが青い時に移動、赤い時は止まり、左端に到達する。

 

[主要]絶望の揺りかご:絶望のティアマット
●第2形態でマップのあちこちに吸引ブラックホールが発生。

●影舞踏ギミックの際に玉を落とす攻撃追加。

 

[特殊]啓示の塔エリノス:コーリングジェイド
●毒沼が強力になる。

●吸い込み攻撃の吸引力アップ。

 

恐怖の大地
[補助]赤い楽園の祭壇:副官レオニット
●ブーメラン攻撃時にマップ左右の本が波動で攻撃してくる。
 また、大きな盾が2個追加生成される。
おさらい:ブーメランを盾に誘導して盾を破壊、できた隙間からレオニット本体に当てる。

 

[混沌]殉教者の礼拝堂:将軍カレリン
●包囲攻撃の際に盾兵が妨害してくる。

●オーラ放出(HP30%以上:右から剣技や炎を飛ばしてくる攻撃)の際に、上下に陣取る盾兵が妨害してくるようになる。

●抹殺戦術(HP30%以下)の際に、ギミックの合間で盾兵の突撃が追加。
おさらい:紫色のエフェクトで拘束されたら、紫色の線に盾兵がひっかからないようにする。3回繰り返した後のキャスト中に左端へ退避する。

 

[解放]エルトフェル:混沌に浸食されたK
●攻撃時にカラスの突進攻撃が追加。

 

[主要]恐怖の聖地グラウペン:消滅の神カザン
●EOK攻撃時に、当たると拘束しながら中央へ吸引される板を生成。

●鎖束縛ギミック時にランダムな位置へ爆撃を追加。

 

2フェーズ
[補助]鏡の庭園アルミス:混沌を欲する半夜
●マップ左右へワープして行ってくるレーザー攻撃の際に、プレイヤー足元への落雷攻撃が追加。被弾時の硬直で緑玉が拾えないリスクに注意。

●虚像の鏡ギミックで落ちる陰陽玉の数が1個ずつに減る。中央にいて波動攻撃の発生を確認した後で玉を入れる。
おさらい:緑玉2個取得で虚像の鏡発生。ディーリングチャンスではあるが、鏡の中の玉が3つになると即死級爆発。緑玉を取った人が、鏡と反対の色の玉を入れると鏡内の玉を減らせる。

 

[特殊]悲劇の都市エレリノン:黒い恐怖のアスタロス
●次元の扉攻撃で閉じ込められる人数が2人になる。

●影分身攻撃の突進でできたダメージ床が、攻撃終了時の爆発後もずっと残る(誘導大事)。

 

[主要]混沌の王座:混沌のオズマ
●混沌の鎖ギミックで赤と黒が同時に発生。黒の鎖だけ持った人がまず離れる

●連鎖爆発(バリア背後の安全地帯に逃げるギミック)で、残った2人にもバリアがつく。その2人は接触してバリアを消した状態で避難

●第一形態でHP80%以上のトリガーギミック:善悪の均衡で出てくる赤玉が5個に減少。
おさらい:キャスト完了時の全体攻撃を赤玉破壊時にできるブラックホールで回避。最後の玉はその時まで温存する。

●第一形態でHP50~80%のトリガーギミック:混沌の審判の際、最後に破壊される避難用オブジェクトの数が1個増える(つまり4つ残す必要あり)。
おさらい:オズマの結晶から遠いプレイヤーに向けて落雷で攻撃。その後小範囲攻撃を行ってから広範囲に爆発を起こすオブジェクトが落下。これを5回繰り返す。オブジェクトは別の同オブジェクト落下の際の爆発で壊れるので、タゲられた人は位置が重ならないように誘導する。最後は残ったオブジェクトに黄色いバリアが発生するのでそこに避難。

●第二形態でHP40~70%のトリガーギミック:混沌の試験(念壁が出る魔法陣に避難)の際に、爆発が起きなくなる代わりにパーティメンバーが見えなくなる。チャットで状況報告が必要。

●HP20~40%のトリガーギミック:混沌の作品(5つの玉の色を揃える)の際に、マップ内各地で爆発が発生する。回避推奨。

●HP5~20%のトリガーギミック:空虚の宇宙(全員カウンター)の際に、ランダムで爆発が発生。縦軸移動回避推奨


 以上、気にならないギミックもあれば非常に厄介なギミックもあります。また実体験による内容修正があるかも。