アラド戦記:オズマレイドのダンジョン構成

今回は、オズマレイドの各ダンジョンが持つ役割についてまとめます。


1フェーズ:消滅の降臨作戦-黒の大地

 1フェーズの各ダンジョンは大まかに3つのエリアに分かれ、選択画面のアイコンによってそれぞれの役割がカテゴライズされています(魔界大戦や追放者の山脈を発展させたようなもの)。そこで、各アイコン別に役割をまとめていきます。

 

キャンプ

ここで待機すると理性ゲージが自然回復する。
ダンジョン名:聖者の地

 

特殊ダンジョン

 5分ごとにリポップし、開いた状態で2分30秒ごとに啓示が進行する。啓示が進むごとにダンジョン攻略に悪影響を与え、3回蓄積されると1フェーズの攻略状況が初期化される。アントンでいう激戦やシロコでいう苦難の鏡、否定のような役割のため、開くたびに迅速なクリアが必要。
ダンジョン名:啓示の塔エリーノース

 

エリアダンジョン

 アントンレイドのエネルギー遮断ダンジョンのように、まずこのダンジョンに入場してから、ダンジョン内部にある他ダンジョンの入り口を目指すシステムとなっている。
ダンジョン名:破滅の道、絶望の岐路、恐怖の大地

 

主要ダンジョン

 進行のために必ずクリアしなければならないダンジョン。カギマークの解放ダンジョンをクリアすることで入場可能となる。破滅の道、絶望の岐路の主要ダンジョンをすべてクリアすると、恐怖の大地地域に入場が可能となる恐怖の大地地域の主要ダンジョンをクリアすると、1フェーズ攻略完了となる
ダンジョン名:安息の墓、絶望の揺りかごアーベントス、恐怖の聖地グラウベン

 

解放ダンジョン

 進行のために必ずクリアしなければならダンジョン。カギマークのダンジョンをクリアすると、そのエリアの主要なダンジョンに入場することができる。解放ダンジョンに入場した状態では、そのエリアの混沌ダンジョンに入場することができないので、レイド難易度を上昇させるには、混沌ダンジョンに入場した後で解放ダンジョンに入場しなければならない
ダンジョン名:混沌の扉の内側、絶望の道フィリス、永遠に燃える谷ケルトフェル

 

混沌ダンジョン

 入場と同時に、既に入場して進行中のダンジョンを除くすべてのダンジョンの混沌段階が1段階ずつ増加。クリア時に、そのエリアの主要ダンジョンが混沌モードになる。混沌段階(レイド難易度)は、最大3段階まで高めることができる。要は黒い煉獄(週間)で上ルートに行くようなもの(他ダンジョンも並行してクリアが必要な点は異なる)。

 主要ダンジョンや混沌ダンジョンのクリアに失敗した場合、増加していた混沌の段階が再び低くなり、主要ダンジョンクリアに失敗して後退すると、そのエリアの混沌ダンジョンが初期化される。つまり主要ダンジョンから後退したら、混沌ダンジョンは再度クリアしなければならない
ダンジョン名:破滅の平原ムンレドゥン、沈黙の森ルネン、殉教者の礼拝堂

 

補助ダンジョン

 クリア後一定時間の間、プレイヤーに有益な効果を得るクリア後一定時間がたつと再び復活するが、またクリアすることで同様の効果が得られる
ダンジョン名:亡者の回廊、悲しみの沼セールシ、赤い楽園の祭壇

 

ルート説明
 難易度を上げる場合は混沌→その後解放へ入場してクリアし、その後主要ダンジョンを攻略。啓示の塔と補助ダンジョンは復活ごとにクリアする。
※混沌、補助ダンジョンは攻略必須ではない。特に混沌はレイド難易度に関わるので、攻撃隊長の指示を無視してクリアしないように。

 破滅の道、絶望の岐路の主要ダンジョンをクリアすると、恐怖の大地エリアへ入場可能。恐怖の聖地をクリアすることで1フェーズの攻略が完了する。

 

 

2フェーズ:混沌の再臨作戦-エレリノン

 2フェーズでは混沌の王座で最終ボスのオズマと戦いつつ、その後出現する各ダンジョンに対応していくリアルタイムバトルとなっています。

キャンプ:エレリノン関門?

1フェーズ同様理性ゲージの回復ができる。

特殊ダンジョン:悲劇の都市エレリノン

 オズマの体力を30%以上減らすと出現。ここをクリアすることで、混沌の王座にいるオズマが第2形態に移行する。このダンジョンをクリアしなければオズマの体力は50%までしか減少しないので、必ずクリアしなければならない混沌の王座のダンジョン内からも入場可能で、その場合浸食状態のペナルティを受けない

 

補助ダンジョン:鏡の庭園アリミス

 混沌の王座に入場後、オズマに遭遇すると出現。クリア後5分の間、味方が与えるダメージが20%増加し、キャンプでの理性ゲージ回復量も増加する。何度もリポップするが、そのたびにクリアでバフを維持できる。混沌の王座のダンジョン内からも入場可能で、その場合浸食状態のペナルティを受けない

 

主要ダンジョン:混沌の王座

 最終ボスであるオズマが待ち受けるダンジョン。シロコ同様に入り口が3つあり、3つのPTが同時入場可能。混沌の王座にでオズマと戦闘状態にあるパーティが1つもない場合、オズマの体力が3秒ごとに1%回復するつまり、常に最低1つのPTはオズマとの戦闘状態を維持する必要がある。悲劇の都市エレリノンを攻略するまで、オズマのHPは50%より減少することはない。混沌の王座から後退すると、そのパーティのメンバーは理性ゲージが10に初期化される

ルート説明
 混沌の王座入場→鏡の庭園クリア→オズマ70%以下で悲劇の都市クリア→以下混沌の王座&鏡の庭園で戦闘。もちろん、オズマの体力を削りきるとレイド攻略完了。


ダンジョンの役割まとめ(1フェーズ)
[キャンプ]理性回復


[特殊]沸くたびにクリア(2分半以内)


[エリア]各ダンジョンへの入口
絶望、破滅クリアで恐怖入場可能


[主要]クリアで次に進める


[解放]クリアで主要ダンジョン入場可能に


[混沌]レイド難易度アップ、解放より前に入場必須


[補助]クリアで攻略が楽に

ルート
(必要に応じて[混沌])→[解放]→[主要] の順番に 
絶望&破滅→恐怖 エリアの攻略を進行しつつ、
[特殊]、[補助]は復活ごとにクリアしていく(通常攻略)。
理性ゲージが厳しくなったら[キャンプ]で待機。

ダンジョンの役割まとめ(2フェーズ)
[キャンプ]理性回復


[特殊]オズマ体力70%で出現
クリアすれば50%以下まで減らせる


[補助]オズマ遭遇で出現
クリア後5分間ダメージ20%UP
復活後も再度クリアで維持可能


[主要]レイド最終ダンジョン
3PT入場可能
[特殊][補助]への直接入場はペナルティなし
常に1つ以上のPTで戦闘状態を維持する
50%以上減らすには[特殊]のクリアが必要


ルート
[主要]入場→[補助]クリア→HP70%以下で[特殊]クリア
以下[補助]を随時攻略しつつ[主要]でボスを倒す