Tree of Savior:テルハルシャ7段@弓

 グレイシアレゲンダの防具が完成したので、テルハルシャの7段に挑んできました。本当はもっと完璧な動画が撮れそうだったのですが、36%未満に削る→ダウン吹き飛ばしを被弾→水たまりに落下→スタック4硬直発動→避難所ギミックで死亡、という悲しい出来事があったので残念ながら使えず。

 その後も微妙に巡り合わせが悪いことが多かったので、やむをえずドロップで煽ってしまったこの動画になりました。ある程度の流れは参考にできるのではないかと思います。ドロップで手に入れた破片は3個目です(2個がテルハルシャ、1個がグレイシア自動)。分裂は仕事しません。

 しかし、弓楽しいね??? 今回の復帰で初めて両手弓キャラを使ってみたけど、ToS人生の3割無駄にしてた気がする。でも後方跳躍って割と新しいスキルかな?あれが実装されてなかったらハマらなかったかもっておもうと一番いい時期だったのかも。

 弓は近接と比べるとやっぱり楽。しかしスキルの回転率が良すぎるため火力を出すことに集中しすぎるとギミックがおろそかになりかねないので、気持ちにゆとりを持って戦いましょう。せっかく懲罰ポーションを持って行ったのにほとんど使っていないね???
※この後気づいて使うようになったのに、前述の通り使えない動画で回数が終わってしまった


さて、テルハルシャ共通の注意点は以下の通りでした。

気を付けること(共通ギミック)
●火による攻撃を避けること(自分の火種バフを切らさない、ボスに火種バフを与えない)
●全体即死攻撃(この避難所の主~)の発動ゲージが半分以上になったところで4回目の水たまりを踏む(無敵回避)こと
→ボスのHP96%、66%、36%、6%で発動
●キャンドルスパイダーはボスに倒される前に倒すこと

 

2段以上ではギミックが増えるので、解除しなかったものに応じてそれぞれ以下の点が追加されます。

気を付けること(追加)
●広範囲の魔法陣に注意(熱気)
●アミスドッグは赤い円に誘導する
●キャンドルギミックに対応できるように備える

 キャンドルギミックは、テルハルシャのHPが75%未満になると一定時間ごとに発動します。中央から四方に移動した位置にそれぞれ魔法陣とキャンドルスパイダーが出現し、反時計回りに移動します。スパイダーが隣の陣に到達する前に倒せるとプレイヤーにバフ、到達してしまうとテルハルシャにバフがかかる仕組みです。時計回りに対応するのが無難といえます。

 これに対応できるように、そろそろだなと思ったら中央から少し右上で戦うようにしたり、定期的に特定のスキルを温存しておくように決めておいたりすると良いかもしれません。

 このギミックに限ったことではないですが、慣れるまでは最大DPSを出そうと必死になるより、ギミック対処を優先し、ゆとりをもって行動するのが結果的に安定&攻略時間短縮になります。慣れたら多少ゴリ押しても良いですけどね。

 ちなみにフェンサーでキャンドルギミックに対処するには、スラスト(アーツ)やパウンシング、バレストラフェンテなどの移動スキルを活用しましょう。それでも位置取りが良くないと3匹しか倒せないとか割とありますけど。

 あと、テルハルシャは魔法防御が高いらしいので、できれば物理職での挑戦をお勧めします