アラド戦記:エルロックス循環システムを再考する

※2021年6月追記。現在は黒い煉獄一般ダンジョンを寄り道で回ることでも金策できます。絶望の鉱石も手に入るのがメリット。


 100レベルキャップが実装されてから8ヶ月弱。新規復帰やライト勢の人を含め、多くがエピック装備の揃ったキャラを所持するようになっていると思います。

 そこで直面するのは「いつまで神殿や地下室に通うのか」「これからの疲労度の使い道をどうするか」「どの金策が効率良いか」といった内容である人も多いのではないかと思います。その迷いに対するバランスの良い答えの一つが、嵐の航路→知恵の導きを繰り返す、エルロックス循環システム(適当に名前をつけました)だと思います。

 個人ツイッターアカウントでも以前から言っていたことですが、実装前から金策ダンジョンとして知れ渡っていたこのダンジョンの価値を、エピックセットが揃った今だからこそ再度見直すことが有益と考えています。

 一つ一つの内容は特に目新しいことではありませんが、何も考えず日課日課、日課が苦しい、と嘆いている人は今一度、考え直してみるのが良いと思います。あくまでバランスの話で、「ゴールドやアイオライトも稼ぎたい、エピもついでに掘りたい、時間も節約したい!」という人向けなので、例えばエピック堀りに全力を注ぎたいならおとなしく引導石を与えて知恵連しましょう。それでも多少はゴールドも増えますが。


 なお、装備がそろっていないキャラはゲント皇宮を全マップ回って出たものを売却する金策が鉄板。
もともとがレジェ未満のユニーク装備を取りに行くコンテンツなので、レンタルで余裕です。

 

エルロックス循環システムのメリット
1.金策として効率が良い
2.エピやセイクリッドも狙える
3.タイミングを選ばない

1.金策として効率が良い
 もともと金策ダンジョンとして売り込まれたコンテンツなので、金策効率が良いというと当たり前と思うかとしれませんが、時間対効率という点は装備がそろった後だからこそ言えると考えています。

 装備の揃った、ある程度警備適性のあるキャラクターなら航路は30秒やそこらでクリアできるようになります。早い職だと20秒を切ることすらあり得ます。

 つまり疲労度あたりの効率は変わらないものの、時間に対するリターンは装備集めの最中よりは明らかに上がっているはずです。個人的には、覚醒スキルをほぼ(拘束や全画面目的で使う場合はあるとしても)使わないくらいがベターです。

 ちなみに私は100レベルエピックを揃えてから初めて航路に行き始めました。時間をかけて行う価値のある金策とは思っていなかったからです(もちろんそれが必要な人もいたことはわかります)。90レベルのブラッドラインや95レベルの災害、トータルエクリプスと違って100レベルの嵐の航路はエンドコンテンツ。安定金策としての時間対効率はトップクラスなのが嵐の航路だと思います。武器だけレンタル装備にして修理費を節約して通う人もいます。

 

 一周あたりリザルト込みで1分を切り、更に短縮していくと他の定量金策より明らかに効率が良くなると思います。もちろんレイドで高額報酬を得られたら稼ぎは最も大きいですが、運頼みは今回の趣旨の範囲外ということで。短時間で金策が済めば、他のキャラクターでも回ったり、他の金策もしたり、または別ゲーやゲーム以外のことに時間を割いたりできるので良いことずくめ。

 ちなみに私の持ちキャラだと、バガボンドはやはり圧倒的。20秒前後で大半の組み合わせを回れます。巫女もだいぶ楽ですね、百八念珠は長押で広範囲スキルになるのも忘れずに。広範囲スキルが豊富orクールが短い、単発ヒットスキルが強い、攻撃モーションが短い、微拘束がある(一部ボス向け。単発で済むならそれでもOK)などの条件を満たすキャラが良いですね。もちろん、知恵に行きたいキャラで引導石を稼ぐために多少のタイムロスには目をつぶるのも選択肢です。そういうキャラにはレイド商店から引導石を与えるほうが効率は良いと思いますけどね。

 

 
 試しに一回、ミンタイ全疲労をしてみて得られた報酬がこれ。青字と白字装備は商店で売却したパターン。ほかのドロップ品(錆びた鉄片、自販機券、オブシディアンなど)もありますし、悪くないと思います(これでも少ないほうだったりはしないかな)。ちなみに気づいている人も多いと思いますが、知恵の導きも拾えるゴールドが地味にバカにならない。

 

2.エピやセイクリッドも狙える
 神殿と地下室は無料ヘルとして非常に便利なコンテンツだとは思いますが、エピックがとりあえず揃い、あとは理想構成のためのわずかな部位のみを狙う段階になると毎日通うのはしんどくなりがちです。金策要素が薄いし、仮に1キャラ1日5分と考えても、エピ率は時間や疲労度に対して高いとは言えません。神殿やめたい、は特に多キャラ稼働している人が陥りやすいジレンマだと思います。

 そこでそういうキャラの神殿をバッサリやめてしまい、キャラを決めて航路で引導石を拾い、知恵に通うのも一つの選択肢だと思います。もちろん併用するのも良いし、そこはモチベーションと必要な物の優先度次第。エピックが完全な理想構成になっているならもう知恵も行かずに航路のみでもかまいませんしね。

 

3.タイミングを選ばない
 金策効率的に航路に競合するものに、フィンドウォーでの仮面の騎士カード金策があります。しかしフィンドは最低4人(3人でもいけるけど時間効率が…)必要だし、待ち時間ほとんどなしで毎周4〜5分で通ってこそ時間効率が出る金策。それに比べたら航路はいかなる外的要因にも左右されずにソロで行えます。もちろん、時間が有り余っているなら全部やれば良いですが。
 またオキュラスに関しても、あたりを引くチャンスはあるものの、4人集めて攻略する時間をどう考えるかというところ。メタモンがまだのキャラや黒い水晶が必須のキャラ以外は個人的に微妙な位置づけ。

 

 

まとめ
1.装備がそろったキャラで通う嵐の航路は時間効率最強の安定金策
2.引導石で知恵にも通えるのでエピやセイクリッドも狙える
3.ソロで好きな時にやれるので気楽

 装備集め等のゲームプレイが煮詰まってきて、時間を節約しつつ良いとこ取りしたい人にとって、嵐の航路→知恵の導きを回すエルロックス循環システムは改めて考える価値のあるファーミングだと思います。もちろん神殿&地下室、フィンドウォーなどにも良い部分はあるので上手く使い分けましょう。

 個人ツイッターでも普段から言っていることですが、日課は他人から強制されるものではありません。必要なコンテンツ、効率の良いコンテンツをやりつつ、暇ならさらに追加するくらいで良いと思います。特にアラド戦記は、揃うものが揃えば休止してしまってもアップデート時に復帰すれば全く問題ない、社畜に優しいゲームだと思います(オンラインゲームの中では)。デイリーがあるからやる、ではなく、必要なものだけやる、の精神でプレイすれば、日課に追われる日々からも多少は解放されるでしょう。