アラド戦記:支援装備の基本思考


これは私のクルセの現状の装備(もちろん発展途上)ですが、
支援職の装備をどうすればよいか、はなかなか難しい問題だと思います。
そこで、細かいことはさておいて、基本的な装備の考え方について述べてみます。

支援職の最終的な装備のセット編成には以下の2つのパターンが考えられます。
●防具3+2、アクセ3.特殊3
●防具、混合3種で3+3+3+2

もちろん、火力職にとっての定番である防具5アクセ3特殊3も可能ですが、
この場合防具セットを祝福orアポクラのどちらかに尖らせた編成にすることが難しいため
祝福(+禁断)バフ面+メイン面(アポクラ、マリオネット)の2面を用意する場合にはあまり適しません。
※以下、「祝福」、「アポクラ」と記述します。長いので。
一応、影5がその中では強いとか、ベテラン5がアポクラは強いとか
なむうぃきには記されていますので他が揃わない場合にはどうぞ。
また、防具3+2or5に混合2+2+2を組み合わせる編成は、
基本的に上記のものより少し弱くなります(セット効果の数が落ちる)
これは火力でも同じ。

 

★防具3+2、アクセ3.特殊3
基本は、3セットが強い防具+2セットが強い防具を組み合わせます。

例えば祝福バフの場合、2セットが強い防具の例には以下のものがあります。
A群:天上の舞姫、選択の岐路、大自然の息吹

そして、3セットの祝福が強い防具の例は下記のとおりです。
B群:古代祭司長の神聖な儀式、皇室直属執行者の宣告

このA群B群を組み合わせれば、最終装備としても問題ないくらいの強さにはなります。
もちろん、各セットに多少の差異はありますが。

次にアポクラが2セットで強い防具例は以下の通り。
C群:古代祭司長の神聖な儀式、死を誘う影、皇室直属執行者の宣告

そして、最後にアポクラが3セットで強い防具例です。
D群:天上の舞姫、選択の岐路、大自然の息吹、

このC群D群を組み合わせて5部位にします。

 

ところで、お気づきの方も多いと思いますが、
祝福とアポクラのいずれでも挙げられているセットが複数あります。
ガチガチ最強編成までは厳しい、でも最終装備として申し分のない数値が欲しい場合
これらのセットが非常に役に立ちます。
例えば、祝福面を大自然2+古代祭司3、アポクラ面を大自然3+古代祭司2
などとすることで、1部位を除いて同じ防具を使い回すことができるのです。
特に増幅や付与をある程度頑張っている場合に効果的な方法です。
まあ、執行者3の祝福とか影2のアポクラの強さなんてのがあるので、
本当の最高値を狙う場合以外のコスパ最強の妥協点、といったところです。
※もちろん、上記に挙げた以外の防具もつなぎや妥協として使えます。
※力作セットの攻撃力上昇量が高いという記述がなむにありますが結果数値は不明。
この辺は揃ったら実際にだれかにサンドバッグを殴ってもらって考えたいところ。

 

★アクセサリー
幸運セットは祝福寄りの最上位装備
夜明けセットはアポクラ寄りの最上級装備
術式セットは妥協装備
精霊師セットは祝福だけ強め

 

★特殊装備
軍神セットは文句なしの最上級
シンクロセットは祝福の攻撃力の伸びが高めで100エピ火力に適性が高い
真理セットは中堅くらいか?
時間戦争セットは下位の効果。

アクセ特殊に関しては迷うことはありません。できるだけ適性の高そうな3セットを装備するだけ。
ただし、これは100エピ全体に言えますが、
弱いセットでも95セットよりはもちろん強い場合が多いです。
同等程度という残念な組み合わせも存在しますが・・・。

なお、火力だと防具2+2セットや3セット+バラでも超テイベ装備より火力が上がり勝ちですが、
支援の場合はその程度だとバフ力が下がってしまう場合も多いので要注意です。
一旦彫刻せずにバフ力を図ってみたほうが良いかと思います(参考値程度はわかる)。
アクセ特殊に関してはセット効果2部位でも上がったりします(これも確認大事)。
あと、材質変更は忘れずに!

 

★防具、混合3種で3+3+3+2
こちらは火力でもおなじみ、混合3種の穴埋めに通常防具セットを用いるパターンです。
このときの防具の選び方は、先ほどの3+2セットのときと基本思考は同じです。
例えば、黒魔術+深淵+奈落のダークゴスセッティング333を行う場合、
肩腰の2部位が余るので、祝福面であるなら大自然2、アポクラ面であるなら古代祭司2
などを使うといった考え方です(あくまで一例であり最適解ではありません)。
もちろん、混合のいずれかを2にして通常防具を3セットにした方が強い場合もあるので
そこは計算機を叩くなり、セット効果とにらめっこするなりして考えましょう。

DNFでは通常上着、混合上着を2面で入れ替えが流行ったりしているそうな。
何しろ深淵が2セットで祝福最強、3セットも強い、といった両面使える装備。
例えば祝福面が執行者3+黒魔術3+奈落3+深淵2
アポクラ面が執行者2+黒魔術3+奈落3+深淵3などが可能ですね。
混合セットでは深淵のほかに黒魔術や狂乱や奈落、次元なんかがよく使われますね。
憤怒はアポクラ最強ですが、不慣れのうちは2セット推奨です(被弾、回復ペナルティがつらい)。

 

支援の装備も千差万別、ドロップ状況やガチ度によって適切な組み合わせは大きく異なります。
以上の基本を理解した上で考えて編成すれば、十分に前線に立てる強さになるのではないか
と思います。もちろん付与やエンブレム等の基礎的な部分は絶対大事
セイクリッドは運ゲーなので無理しない程度にがんばりましょう・・・。